不妊漢方で妊娠!子宝の土屋薬局

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

不正出血と漢方|不正出血のタンパク質、鉄、ビタミンや月経周期による考察

不正出血と漢方

排卵期の近くになるとおりものシートに微量の出血がある、生理前になると不正出血が気になるなど、奥様でお悩みの方もいらっしゃると思います。

病院でまず検査して異常がなくて女性ホルモンの乱れでしたら、漢方で体質全般を良くして解消しませんか?

冷えや胃腸なども関係あるかもしれません。

 

 

不正出血とは生理ではないのに出血することです。

生理のときでないのに出血してドキッとしたり、生理のあとにダラダラと続く出血や生理前の出血など、一見したら生理のように見える出血もあります。

生理でない出血=不正出血の場合にはいろいろなタイプがあります。

 

子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜ポリープ。

 

また、なかにはガンなどの病気が潜んでいることもあります。

不正出血の場合にはどのような時期(たとえば排卵期や高温期の生理前など)に不正出血があったかをチェックして不安な場合にはすぐに婦人科の病院で検査を受けてください。

漢方では不正出血の色や量なども、不正出血の時間帯なども加味して相談していきます。

 

不正出血には病院の西洋医学ではこのような原因が考えられます。

 

ホルモンバランスの乱れによる不正出血

不正出血にいちばん多い原因です。

必要な黄体ホルモンなどが十分に出ていないので生理前に出血したり、生理後にダラダラと出血が続いたり、排卵が遅れて生理と生理の間の中間期に出血したりします。

また排卵に必要なホルモンが出ていないので無排卵性月経になることもあります。

 

妊娠による不正出血

妊娠すると膣や子宮頸部が充血するのでいきだんりすると出血します。

子宮外妊娠で受精卵が卵管に着床した場合は卵管破裂を起こして出血します。

妊娠に気が付かず流産での出血もあります。

 

腫瘍による不正出血

子宮筋腫があると筋腫によって増えた血管が生理で子宮内膜が剥がれるときに破損して生理後に出血が長引いたりします。

子宮内膜症も内膜症組織からの出血が生理を長引かせます。

 

悪性腫瘍の子宮体がんや子宮頸がんでは、がん細胞によって組織が破壊されるのでセックスによる刺激なので出血します。

 

良性の子宮頸管ポリープや子宮頸部びらんでもセックス後や運動のあとに出血して、おりものに血が混ざったりします。

 

膣炎による不正出血

クラミジア感染症やトリコモナス膣炎、カンジダ腟炎、淋病などで膣に炎症を起こしていると膣内が充血して出血しやすくなります。かゆみを伴うことも。

 

血液の病気

血小板減少性紫斑病や白血病など血液が固まりにくい病気が原因で子宮や膣などから出血して不正出血になることも。この場合は青あざなどの皮下出血や歯茎からも出血するといった症状がみられます。

 

 

不正出血を治療しないでほうっておくと心と身体にダメージが

 

心の不安

不妊

貧血、低血圧

更年期の大出血

 
不正出血には、病的ではなくホルモンバランスの乱れが原因の機能性出血と、膣や子宮、卵巣の病気が原因の器質性出血とに分けられています。

 

子宮がん、子宮内膜症子宮筋腫などで不正出血になっていることもあります。

婦人科で受診したほうがいいです。

 

不正出血の場合には、その他、体の土台となるタンパク質、コレステロール、鉄、ビタミンD,ビタミンB群、葉酸、ビタミンE、亜鉛などの栄養素の問題があるかもしれません。

 

出血が多いときには貧血気味になったり、鉄不足になっているかもしれません。子宮環境を整えて赤ちゃんのベッドメイキングです。これとは逆に体外受精などで不正出血がある場合には、血液中の鉄が受精卵を殺してしまうので妊娠しづらいです。

 

鉄を多く含む食品は、ヘム鉄は牛レバー、豚レバー、鶏レバー、牛もも赤身肉、豚肉、鶏肉、コンビーフ、カツオ、サバ、イワシ、煮干しなど。

 

非ヘム鉄は、アサリ、ホタテ貝柱、ほうれん草、小松菜、ひじき、大豆、豆腐など。

 

フェリチンという貯蔵鉄が少なくなっている場合もあります。この場合には鉄剤が処方されますが、経口の鉄剤が非ヘム鉄なので吸収が悪い場合があります。

タンパク質と結合しているヘム鉄は、非ヘム鉄の5~10倍吸収がいいです。肉の赤身や魚に多いです。タンパク質、ビタミンB群、ビタミンCも十分に摂るのが効率的な吸収といえます。

 

どうしてもタンパク質がとりにくいときには、コンクレバンなどもいいですね。日水製薬の第三類医薬品で非常に安全性が高く飲みやすいです。私も毎日愛用しています。

不正出血で悩む場合には、ひょっとしたら普段の食生活が関係しているかもしれません。

 

とくに原因となる疾患がなく機能性のホルモンバランスの乱れや原因不明のときなどの不正出血に漢方も検討してみたらいかがでしょうか?

 

不正出血が治ってすっきりしませんか?

不正出血が治ってすっきりしませんか?

 漢方の不正出血対策

 

崩漏と考えます。

 

3つのタイプに分けます。

  1. 胃腸が弱いタイプの消化不良があったり痩せや肥満タイプの不正出血。このタイプが一番多いです。
  2. 血液ドロドロで血行不良による出血
  3. 体が熱っぽい体質による出血

 

漢方薬では、土屋薬局の場合にはイスクラ婦宝当帰膠、心脾顆粒、帰脾湯、芎帰調血飲第一加減、冠元顆粒、血府逐淤顆粒、イスクラ清営顆粒、ビタエックス、プラセンタ、イスクラ参茸補血丸、双料参茸丸、イスクラ補中丸、補中益気湯などの第二類医薬品の薬局製剤の漢方薬や炒麦芽田七人参(これは漢方サプリ)などさまざまな種類があり、使い分けていきます。

 

1)胃腸が弱いタイプの消化不良があったり痩せや肥満タイプの不正出血。

 

胃腸が弱いかた、元気が足りずに、あなたの元気不足によって大事なものが漏れてしまうのです。キープ力が弱いので不正出血してしまいます。

不正出血の色は淡い色、希薄。

疲れやすい、だるい。低血圧などの女性特有の虚弱体質があります。

夢が多い、睡眠が十分でない。夜に目が覚めることも多いです。寝入りも悪かったりします。

アザができやすい。このタイプに特有の症状は「アザができやすい」です。

冷え性

舌ベロは薄い感じ

 

顔色が悪い、元気がなく落ち込んでいる感じ、食欲も無くなってしまう、めまい。貧血気味、夜に眠れない。夢が多い。


女性の方では生理不順、不正出血、習慣流産、高温期に生理前に早めに出血してしまう。などにも応用されます。


このうち、ストレスで元気がない、落ち込んで食欲もない。こんなかたへ。

 

イスクラ婦宝当帰膠、心脾顆粒、帰脾湯、イスクラ補中丸、補中益気湯など応用できます。

 

2)血液ドロドロで血行不良による出血

 

血液どろどろで血行が悪くなって血液が行き場がなくなり出血します。

血行不良の原因「もと」「原因」があるから出血してしまいます。このタイプは肩こり、頭痛がひどかったりもします。

 

不正出血に血塊がある。

下腹部痛、血塊がでるとスッキリ

子宮内膜症、子宮腺筋症などに多い不正出血のタイプでもあります。

舌べろは血行不良の暗い色をしていることが多いですね。

 

婦宝当帰膠イスクラ冠元顆粒、血府逐瘀顆粒、清営顆粒など

 

不正出血に悩む女性

不正出血に悩む女性

 

3)体が熱っぽい体質による出血

 

血(けつ)が熱を持って出血しやすくなるという「血熱(けつねつ)」という考え方があります。熱がこもると血分が勝手に動いてしまい出血になります。

 

不正出血の色は鮮血で量が多い

月経周期は短い

発熱、微熱

のどが渇く

イライラ、のぼせなど実熱を伴う

舌ベロは紅い

熱っぽいですから、血液が逃げてしまうイメージでしょうかね。

 

温清飲、イスクラ清営顆粒など。

温清飲は四物湯+黄連解毒湯です。土屋薬局は小太郎製薬のウンセインの取扱、また匙クラブのエキスタイプも用意しています。

 

不正出血が再発した女性

不正出血が再発した女性

 

排卵期の不正出血は、中間期出血ともいわれて、これは子宝の不妊漢方などで月経期、卵胞期、排卵期、黄体期とバランスをとることで自然に解消されることが多いです。

高温期の微妙な生理前の黄体機能不全のような不正出血は、高温期の黄体ホルモンをよくすることも大切です。プロゲステロンですね。

 

jdy00247.hatenablog.com

こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

 

土屋薬局での不正出血の漢方相談の漢方体験から

 

子宮内膜症と不正出血の漢方で2人のお子さまを妊娠、出産

 

不妊症の漢方相談で嬉しかったお話の掲載許可を頂きましたので、嬉しいお話を紹介させて頂きます。


Sさん、29歳でこのたび、めでたく2人目をご出産されました。


1人目のお子様のときもご相談していましたので、感慨深いです。

 

8月31日が初めての相談でした。


子宮内膜症と不正出血。不妊の漢方相談。


生理周期28~30日。

1週間。

生理直前になるとイライラ、レバー状の塊。

肩こり。

不正出血の時期は、13~20日の間に3日間続く。


1年前から生理痛がひどくなり、先日、婦人科で子宮内膜症と診断されました。


「生理を半年止めて治療しましょう」と言われたが、副作用が心配。

子宮内膜症不妊の原因になることを知って、とてもショックでした。


生理痛は初日がつらくて、一日中鎮痛剤を服用してやっと過ごせます。


舌は、全体的に赤いポツポツした点が目立ち、血熱(けつねつ)という血液に「熱」がこもり、同時に「血行不良で血液の流れが悪くなっている状態」となっていました。


「体の熱を解消して血行を改善する漢方」と「生理のリズムを整える漢方」の2つをお勧めしました。毎日全周期の服用です。


9月30日のときには、


「漢方を服用してからは、毎日のだるさが無くなって、とても快適になった気がする。

手足はまだ冷えている感じだが、なるべく体を冷やさないように気を使っている。

飲み始めてから、排便の回数が増えた」


その後、ずっと真面目に継続されて、


翌年8月19日に、妊娠されたとのことでした。


5月末に判明したが、それからすぐに少量の出血があり、切迫流産とのことで入院していました。

なかなか出血が止まらず、塊もでたりしたが、赤ちゃんは無事に育っていました。

つわりも治まったので、無事に出産できる赤ちゃんをママを丈夫にする漢方をまた服用を始めました。


翌年平成17年1月12日に、元気な男の子を出産されました。

当店からは出産お祝いのアルバム進呈です。


さて、その後も「生理を整える漢方薬」を継続されていましたSさんは、昨年年11月に2人目も妊娠されました。


このたび7月に、元気な男の子をご出産です。


そのときの報告を紹介させて頂きます。


「7月11日に無事男の子を出産しました。

39週での出産で3180グラムありました。

とても元気で真っ赤な赤ちゃんです。

切迫早産でずっと安静だったり入院したりしたけど、ここまで大きくお腹の中で育ってくれてました。

一ヶ月たって、体重は2㎏も増えていました。

母乳だけなんですが、日中は一時間おきくらいに飲んでいます。

長く寝てくれないし、長男の世話もあるので結構疲れています。夏バテもあるのかもしれません。

とりあえず、しっかり食べて、漢方飲んで、頑張りたいと思っています。」


Sさん、どうもおめでとうございました。


家族末永く、お元気で健康に過ごして頂きたいです。


<漢方の先生、土屋幸太郎から一言>


漢方相談のときには個人の体質を見極める事が大切だといわれます。


基礎体温をおつけでない方でも「冷えのタイプ」「熱のタイプ」とどちらかに分かれます。


基礎体温表がなくても不妊症の漢方相談が可能です。


Sさまの場合には「熱のタイプ」のご様子でした。


体の「熱」を冷ましながら、同時に「血」の巡りをスムーズにします。

 

血行不良で血流の流れが悪い状況を解消するような方法をおすすめし、功を奏したのではないかと思います。


子宮内膜症はなかなか難しいことが多いですが、体が整って2人もお子様に恵まれたとのことで、漢方相談を仕事としていて良かったなあと思いました。

 

不正出血が治りません

不妊でずっと悩んでいます。不正出血が治りません。

 

 

②顕微授精で不正出血を繰り返し子宮内膜が厚すぎる。基礎体温表が高め

 

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日8月27日の夜は、20時から21時半まで、テレビ電話での勉強会でした。

テレビお茶の間講座「不妊症専門講座」です。


第9回の症例発表は、私こと土屋の発表で、ご懐妊されたお客様の成功例のご紹介でした。


少し紹介します。


○5月来店


現在32歳。

2人目のお子様がほしいとのことで、ご相談です。

1人目のお子様は体外受精3回目にできました。

体外受精IVF1回、顕微授精ICSI2回でした。


今回は4月に顕微受精ICSIをしたばかりで、残念ながら駄目でした。

顕微授精ICSI4回、凍結融解胚移植2回。


この1年は、顕微授精ICSIを繰り返しているが、不正出血が続いています。

ピルやカウフマン療法などをして、出血を止めています。


最近は採卵で3個しか採れなかった。


以前に他の漢方薬局さんから、イスクラ婦宝当帰膠の当帰製剤や紫荷車(しかしゃ)などプラセンタ製剤を服用していたが効き目が無かった。


Sさんは、基礎体温が高めで低温期は36.5度以上、高温期は37度前後です。


子宮内膜が17ミリと厚くなってしまうので、クリニックの先生にもそれが原因ではないかと指摘されています。


土屋の基本方針


1)基礎体温が高めなので、その対策をしていく

2)生理が長すぎる、不正出血が多い

3)舌の尖(さき)が赤い。色が全般的に暗い感じ。

4)不正出血、無排卵対策を。


5月には、当店から3種類の漢方薬を。

翌月6月には、4種類をお勧めしていきました。

クリニックからは、DHEAを勧められたが、漢方薬だけでやっていきたいと本人様の強い要望がありました。


その後は、同じ処方を継続して服用して頂きまして、基礎体温も下がってきて、カウフマンもしていましたので、不正出血も治りました。

舌が暗い赤みがあったのですが、それも改善されていって、きれいなピンク色の舌になり、基礎体温や体質とも改善を見ました。

ストレスなどのメンタルも良くなっています。


<途中省略>


○12月


2週間後に採卵する予定。


○1月

卵が9個とれて、5個が分割して3個戻して、2個は凍結保存しています。

3個戻したのは残念ながら駄目だった。


○2月

凍結融解胚戻しでめでたく陽性。


○6月

13週目で順調


という土屋の発表でした。


勉強会の最後のまとめは、以下です。


陰虚(いんきょ)か陽虚(ようきょ)かを体質を判断することが重要。

陰虚は、排卵が正常か早まる。

陽虚は、排卵が遅れる。



1)弁証:自覚症状、体質など。

2)排卵

3)全体のBBTの高さ


ホルモン剤を長期間使っている。

陰虚火旺(いんきょかおう)

淤血(おけつ)がひどくなる


排泄がうまくいかなくなって、陰虚(いんきょ)と淤血(おけつ)の2つが目立つようになってくる。


土屋先生の漢方薬の処方は、当初からぶれずに漢方薬の変更が無かったことが良かった。

終始、卵巣を元気にして卵子を若返る方法と血液サラサラにして血行を改善する方法をメインにし、方針が一貫していた。

 

ということで、「月経周期を調える」の漢方勉強会ですが、漢方薬の処方を一つも変えてない「全周期同じ漢方薬を通して飲んでもらう」方法で褒められましたので、良かったと思います。

 

妊娠した女性

妊娠して嬉しい女性

 

 

③ダラダラと続く生理、不正出血の漢方対策 「不妊治療は身体が丈夫にならなければ成功しにくい」

 

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

山形はサクランボ真っ盛りの季節です。

さて

先日、北京出身の中医師の先生に不妊症の妊活、子宝の漢方処方についてお聞きしたので、ここにメモします。


<不正出血の漢方薬相談の内容> ダラダラ生理、不正出血


35歳 女性 子供1人 

 

排卵月経、無月経で卵胞誘発の治療を受けている(6回目)

卵胞が多くできてしまい人工授精ができません。

また子宮内膜が厚くなりません。

 

薬で生理を起こしても生理が10~12日目ぐらいの少量の不正出血が続きます。

体外受精の治療を止めても漢方で自然妊娠の可能性ありますか?

 

なかなか二人目が授かりません。

フォリルモンPという排卵誘発剤不妊治療、妊活に使っています。


寒がりで冷え性、産前は頭痛、肩こりあり。

産後はめまいが時々。

便秘気味。

 

産前は28日周期、6日間。生理痛が重たかった。

産後1年後に生理が再開。

 

不妊治療病院に行くまで生理期間14日間、生理周期は30日間。

生理再開1年後に子供への授乳卒業。


不妊治療中も生理期間は12日前後あり。

 

レバー状の塊が多い、生理開始4日目以降は出血したり、しなかったりという位おりものに混じって出血が続きます。

 

産後の生理痛はなし。


基礎体温は高温期が短く、体調もまばらで、表にするとギザギザした状態になります。

 

精神的にも弱く、仕事のことや妊娠のこと、育児でもストレスに負けてしまうタイプです。

 

排卵に良くて、子宮内膜が厚くなる漢方ありますか?


 


当店からは2月から子宝の不妊症解消の漢方薬をお勧めしています。

AMHの値を聞いたら10以下で45~50歳くらいの数値と言われました。

また多嚢胞性卵巣かもしれません。


<S先生からのアドバイス


シベリア霊芝(チャガ)+爽月宝(ピクノジェノール製剤)は卵巣に良い。

冷え性があれば爽月宝。

もし天気が暑くなってきて冷え性がなければ水快宝がお勧め。

 


病院の治療は体が丈夫にならなければ、成功しにくい。

体力、血流、ストレスがたまらないようにすることはプラス効果になる。


生理周期、30日などでしたら、大丈夫で今後にも大いに期待できます。


<ダラダラ出血について>

 

→胃腸を元気にして健やかにして、胃腸の元気を挙げて血が漏れないようにしていく機能を増していくと効果的です。

少量の出血→ダラダラ出血→帰脾湯(きひとう)などストレスや睡眠、顔色も良くなって体力、高温期の維持にも良い。

 

全周期に帰脾湯を併用していっても良いでしょう。

 

または補中益気湯イスクラ補中丸)なども考慮。


黄体ホルモン↓ から不正出血になりやすい。


<もしプロラクチンが高かったら>


もしプロラクチンの数値が高ければ、黄体ホルモンが悪くなりやすい。

 

高温期が短いときには、PCOSと同時にプロラクチンの関係もあったら、夜に炒麦芽(いりばくが)を併用することもお勧めです。

 

プロラクチンが良くなったら黄体ホルモンも良くなりやすい。


プロラクチンが良くなったら黄体ホルモンも良くなりやすい。<br />

以上です。

これからも漢方薬の相談を頑張っていきたいです。


○2011年9月1日追記です。


ただ今、ご懐妊されまして5週目とのことで夫婦ともども喜ばれているそうです。

 

当初から卵胞誘発剤の不妊治療(6回目)を受けているが、無排卵月経で卵胞が多くできてしまい人工授精ができない、子宮内膜が厚くならない、薬で生理を起こしても生理が10~12日間くらい少量の出血が続くというご相談でした。

 

このたび、人工授精でうまくいったとのことで、子宝の妊活漢方もうまく併用して頂きまして良かったなあと思っています。

 

今後とも順調にいって頂きたいです。

 

わたし妊娠しました

妊娠して嬉しい女性、わたし妊娠しました。

 

④高温期に不正出血が続く漢方相談…婦宝当帰膠の甘さは大丈夫

 

こんにちは。

山形県東根市の土屋薬局です。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

 

山形、テレビのニュースではあちこちで豪雪の天気予報で「とうとう今日は来るぞ、来るぞ」と気合を入れていたら朝はサラサラとした粉雪が舞い降り、お日様も射して白い純白の美しい銀世界が広がっていました。

 

この世は美しいと思います。

 

山形だけ別世界なのでしょうか?


さて、

高温期に不正出血が続く方の漢方薬相談を受けましたので、早いときには排卵日前後から生理までずっと続きます。

 

女性の中医師の先生にもいろいろとレクチャーを受けましたので、はてなブログに記録していきたいです。



中医学での高温期の不正出血の漢方薬対策を教えて下さい。(土屋の質問)


○恩師の回答(Y先生)


不正出血のときには不正出血の色を聞きます。

もし真っ赤だったら「熱」です。

血が熱をもって流れが早くなっていることなどを考えます。

粘調もしています。


真っ赤でなくて黒っぽい、ちょっと出血、おりものに血がつく感じでしたら血液どろどろで血行不良の場合もありえます。

 

少腹逐瘀湯で効果があった方の場合には、血液どろどろで血行不良が原因であった可能性が高いです。


田七人参、帰脾湯など使えます。


帰脾湯は痩せている、冷えているときに。


高温期の針(鍼灸)は気をつける。

もし血流改善する針だったら、出血の可能性。


不正出血を治療する、高温期の維持のための針だったらOK。

婦宝当帰膠も阿膠が不正出血によい。

冷えにも婦宝当帰膠


排卵の初日から、または生理が終わってから温経湯も併用できる。

温経湯は温めて、活血止血に。

冷えと血液ドロドロで流れが悪いことによる不正出血に良い。

 

高温期の不正出血は、色、量、どんな期間か?を聞くこと。

2~3日前からの不正出血は治療も簡単。


西洋医学的には、子宮内膜の破綻出血。


冷えを治すことが必要。

少腹逐瘀湯は体を温める。


婦宝当帰膠、帰脾湯、田七人参に+温経湯。

温経湯は全周期でなくても良い。


やってみないと分からないので、まず上記の3種類で様子を見てもよい。

→良くならないときだったら、温経湯を足してもよい。


婦宝当帰膠の甘さは大丈夫。

体重が痩せているかたは甘いものを制限しなくても大丈夫。

甘いものは、脾を養う。


ふつうは高温期の不正出血は陰虚

BBTはあくまで参考

活血で良くなるか、温めると良くなる→温めて不正出血が良くなるのだろう。

温経湯は、温める、活血。

少腹逐瘀湯は日本にないから。

 

妊娠しました

わたし妊娠しました!

 

⑤土屋薬局の漢方薬体験。妊娠するたびに子宮内出血で流産の体験は辛いものでしたが乗り越えて無事に出産されました。

 

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日も元気に働いています。


今日の2月7日、お客様からお手紙が届きました。


立春とは名ばかり、本当の山形の寒さがようやく来たような気がします。

ご無沙汰しています。

いつもニュースレターありがとうございます。


先生の処方をいただいて1ヶ月半目、あっという間?!に妊娠に至り、信じられないまま時が過ぎて先日、妊娠7ヶ月を迎えました。

つらいつわり時期(漢方お休み期間)もありましたが…以下、省略」


といつか違う機会にご紹介させて頂きたいのですが、とても嬉しいお手紙を郵便局さんが持ってきてくれました。

直筆の手紙の持つ力は凄いです。

感動がじわーっと伝わってきました。


先日の可愛い天使のような赤ちゃんの写真と「そして、今まで応援 本当にありがとうございました」のお手紙も額縁に入れて漢方相談コーナーの私の真後ろに鉄壁の守備のように守り神として飾りました。


ちなみにお手紙のお客様、人工授精を2、3、4、5月と4回連続でされて妊娠せずに意を決して!

 

土屋薬局に来店。

 

漢方相談をされて自然妊娠されましたのでとても思い出深く、私自身も感動しました。


今日の午前中に来店されたお客様も独身ながら、ほかのお客様たちの妊娠を我が事のように喜ばれていて、女性同士の絆を感じました。



本日のメインです。

 

 

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●  「流産の体験は辛いものでしたが乗り越えて無事に出産されました」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Fさまから掲載許可を頂戴しましたのでコラムを作成させて頂きます。


「ブログの件、私もほかの方の体験談を読んで土屋先生と出会えたわけですから、お役に立てるのならもちろん利用してください。

流産は本当につらいものでした。

私の経験がどなたかのお役に立って、少しでも同じ経験をする人が減るのなら本望です。」



○6月22日


Fさま 34歳のときの漢方相談でした。

 

既婚で子供1人

妊娠するたびに子宮内出血がおこります。

一人目の妊娠から悩んでいます。


生理は順調だけど生理痛みがひどいことが3ヶ月に一回くらいのペースである。

おりものは少なくないです。

排卵時期に体調を崩す(腹痛、頭痛、風邪を引くなど)ことが多い。


妊娠するたび子宮内出血がおこり、(体外には 出ないので自覚症状がありません)、一人目は切迫流産で2ヶ月安静、切迫早産で服薬しながら、出産時子どもの心拍が下がり緊急帝王切開でしたが無事出産、二人目は3ヶ月で流産してしまいました。


妊娠初期に子宮内出血するのは体質といわれましたが、体質だから流産しやすいということを受け入れることができません。

 

そのような体質なら是非改善して、次回はトラブルを極力少なくして妊娠出産に臨みたいのです。

 

漢方薬の知識がないため色々教えていただきたいです。


土屋薬局からは、婦宝当帰膠と帰脾湯の併用をお勧め。



○7月24日


基礎体温がなんとなく低温期と高温期が分かるグラフになってきました。



8月31日

 

胃腸の調子を整えるために健胃顆粒も追加でワンポイントリリーフ的に服用していきました。



○9月29日

 

軽い逆流性食道炎でした。

年末から2人目を考えていきたいです。



○12月16日

婦宝当帰膠と帰脾湯を継続で服用です。



○7月13日

 

お久しぶりです。

毎日猛烈な暑さです。

 

ご無沙汰してしまいましたが、今、やっと妊娠6ヶ月、来週で7ヶ月に入ろうとするところです。

 

処方していただいたお薬のおかげで体質改善ができたのかなと思っています。

 

今回は今までのような子宮内出血はほとんど無く、自分でも不思議なくらいトラブル知らずの妊娠です。

 

ですが、不安は強く、流産になってしまったらと考えてしまいます。


漢方薬は継続していきます。



○9月7日

 

現在31週、健診では順調といわれています。

帝王切開の手術までおよそ一ヶ月となりました。

楽しみな気持ちと不安な気持ちで複雑な心境です。

 

ときどきお腹の張りが気になりますが、順調にここまでこれたのも先生のおかげです。


 

○10月7日

 

10月18日に帝王切開を控えてあと少しです。

お薬も飲み忘れたりもしていますが続けています。

体調はお腹は張りますが、病院では問題ないといわれています。

また無事出産できたら報告します。


○11月22日

 

ご無沙汰しております。

10月18日に予定通り帝王切開で2742グラムの元気な女の子を出産しました。

報告が遅くなり申し訳ありません。

出産後は帝王切開の傷が痛くつらかったですが、少しずつ日常に戻りつつあります。

といっても完全母乳なので3時間おきの授乳で寝不足ですが・・・


おかげさまで母乳も良く出て昨日の赤ちゃんの一ヶ月健診で体重が4259グラムに急成長していて驚いています。

私の体のほうは一時悪露がお腹にたまったりということがありましたが、現在は元気です。

体重がなかなか減らないのが悩みですが。

妊娠初期からここまで大きなトラブル無く順調にくることができ、とても感謝しています。

 

 

妊娠しました

妊娠しました!

 

⑥不正出血と漢方薬について

 

こんにちは。土屋です。

 

土屋薬局では、不正出血のご相談も多いですので、今回は「不正出血対策の漢方薬」を紹介させて頂きます。


30歳の女性の方で、OLをされています。

1年前からほぼ毎月に排卵期に不正出血するようになりました。

 

不正出血は、毎月3~4日で終わりますが、数ヶ月前は10日間くらい続いてしまいました。

 

また生理の前には、1週間くらい前から胃腸の調子が悪くなりやすいです。

2日くらいまでは、軟便気味になりやすいそうです。


ここで、排卵期の不正出血の説明をします。

 

排卵期には、卵巣から放出されるホルモン(エストロゲン)が一時的に減少し、
それに伴って子宮内膜から少量の出血が起こる場合があります。

 

ストレスなどが加わることで、ホルモンの減少する量が多くなれば、
出血量もさらに増えてくるようになります。

 

また、排卵という現象自体が、卵が卵巣の表面を破って出てくるものであるため、
この時に起こる出血が卵管、子宮を伝わって流れ出てくるとも言われており、以上のような理由から排卵期において、少量の出血が見られることは、不思議なことではありません。

 

検査の結果、ホルモンバランスの崩れということであれば、心配は要らないことが多いのですが、


排卵期の不正出血が毎回続くような場合には、やはり不妊の原因になりやすいですので
解消できたほうが安心です。


中国漢方では、長期間に渡る不正出血は「崩漏(ほうろう)」としていますが、
当店からは「当帰を主成分にした漢方薬」と補血剤をお勧めさせて頂きました。

 

1日2回、朝食前(起床後すぐ)と寝る30分前の服用です。


漢方を始めて2ヶ月を過ぎたあたりから、排卵期の不正出血が改善されました。

 

たまに不正出血があるときもありますが、現在までにはだいぶ良くなっています。

結婚されていますので「老化を予防する漢方薬」もお勧めしましています。

 

更なる不正出血対策と早いご懐妊を目指して3種類をお勧めしている状況です。



では、「当帰を主成分にした漢方薬」と「補血剤」の説明をしましょう。


「当帰を主成分にした漢方薬」は、婦人の聖薬と呼ばれる「当帰(とうき)」を中心とした「養血調経」の効能があり、生理のリズムを整えて生理不順の解消に役立ちます。

 

当帰には、「補血活血」の効果がありますので、血液を養いながら血行を改善していきます。


また「当帰を主成分にした漢方薬」には、「阿膠(あきょう)」が配合されています。

阿膠は補血剤、止血剤の代表です。

 

つまり「当帰を主成分にした漢方薬」には、当帰の「補血活血」と阿膠の「補血止血」の効能がありますので、月経時の出血が止まらないなどの不正出血状態を解消しながら、貧血状態も解消するという優れた処方になります。

 

婦人病を治す基本の方剤が「当帰を主成分にした漢方薬」になります。


補血剤」は、脾胃という消化器官を丈夫にして、体の「元気」を生み出すと同時に、
「血(けつ)」も一緒に補うという優れた処方です。

 

胃腸が弱い場合には、「脾不統血(ひふとうけつ)」と言って、血液を保てなくなり、
婦人の慢性の不正出血に限らず、各種の出血の病気になりやすいのです。
(鼻血や歯槽膿漏、紫斑病などもそうです)

 

脾胃の力が不足すると、「気」を保てなくなるので出血が起こるという分けです。

 

また、言い換えますと「気」の「摂血(せっけつ)」機能が弱まれば、
「気」の「バリア力」が不足しますので、大事な血液が漏れていくのです。

 

補血剤は、不正出血を改善しながら、血も補っていくという素晴らしい処方です。


少々、長い説明になりましたが、上記の理由により婦人病改善の基本方剤の「当帰を主成分にした漢方薬」と「補血剤」をお勧めさせて頂きました。

 

不正出血に悩みます

あなたは辛い不正出血に悩んでいませんか?

 

土屋薬局ではお客さま一人一人のお話を丁寧にお聞かせさせて頂いていますので、お気軽にご来店なされましてお気持ちなど語ってください。

 

スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

 

ストレスなどを解消して、ご自身が持っている自然なリズムを取り戻していけば体調全般も良くなりますし、何より子宝に恵まれやすくなると思います。

 

ご家族の健康や幸せにつながる仕事をしていて私も毎日ハッピーです。

 

無月経漢方薬のご相談などでお困りのかたは、親切で優しい漢方相談の土屋薬局までどうぞお寄せくださいませ。

 

 

土屋薬局はあなたの妊娠力上げます

 「土屋薬局はあなたの妊娠力を上げます!」

 

女性本来の力を引き出すお手伝いをします。あなたの妊娠力をあげるために…

 

土屋薬局では体質、症状にあわせてあなたに最良な「漢方薬」をお選び致します。

 

妊娠を目指すあなたのお役に立ちたいと心より願っています。

 

Tender Loving Care 優しく愛にあふれたケアを目指します。

 

何でもご相談ください。

 

ホルモンバランスを調える

質のよい卵をつくる

赤ちゃんを育てられる体力を養う

精子の数を増やす、活発にする

生理、排卵のリズムを維持する

着床しやすい子宮内膜を準備する

食事のとり方

サプリメントへの助言

生活習慣へのアドバイス

 

体質にあった漢方薬を選んでホルモンバランスを整え

「元気な卵子」と「健康な子宮のベッド」を準備できる体に!!

 

妊娠(陽性反応)はゴールではありません。

 

「出産」「育児」という大仕事に立ち向かえる"体力”も同時に準備していきましょう…

 

※最近6ヶ月間の基礎体温表を持って、ご本人様がご来店ください。

 

もちろん夫婦でのご来店もお待ちしております。

 

その他にも2人目不妊。生理痛や子宮内膜症の漢方相談でお客様に喜んでもらうことが多いですので、お気軽に山形県の土屋薬局までお問い合わせしてください。

 

<一人一人の体質の強弱は違いますので詳しくはご相談ください>

 

当店に来店されるかたは私、薬剤師、不妊カウンセリング学会カウンセラーの土屋幸太郎との雑談が面白いとか励みになる、というかたがほとんどですので、山形県内はもちろんこと、宮城県、仙台、福島のかた秋田のかたも含めまして天気が良ければぜひご来店のうえご相談してください。

 

顔色などとても大事な漢方相談の情報です。

 

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

 

山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺遊佐町 米沢市。 お隣の新潟県福島県秋田県宮城県仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

 

来店前には0237-47-0033で漢方薬相談のご予約をぜひ!

 

薬剤師、日本不妊カウンセリング学会員、認定不妊カウンセラー、中国政府から国際中医専門員A級ライセンス認定 土屋幸太郎の親切丁寧な漢方薬相談。

 

三代目として実家の薬局を継ぐために東京の薬科大学を出て、東大病院薬剤部での研修後に中医学の中国漢方に出会って人生ががらりと変わり現在に至ります。それまでの西洋医学一辺倒から陰陽五行論東洋医学の世界へ。

 

一人でも多くの方に何か「幸せ」のきっかけになり「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」の「大好き」の輪が広がると嬉しいです。

 

健康をつくる漢方薬相談があなたの「夢」「人生の目標」の手助けになれば望外の喜びです。