土屋薬局ブログ|子宝漢方と痛み

不妊の子宝漢方相談、痛みしびれ、耳鳴り、不眠など土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。相談料は無料です。相談は薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎と女性薬剤師で人気の幸の2人です。相談予約もしくは電話相談は、山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。@tutiyakです。優しい人柄がわかりやすいです。

9年ぶりの電話。その後家族が増えて第二子もお授かりでした。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今朝、1本の電話がありました。

「覚えてますか? ◯◯です。」

はい、覚えています。

9年前に長年授からなくて思い切って茨城県からご主人様と蔵王スキー場にくる途中に土屋薬局に来店されたお客さま。

めでたく授かってそのお子さまは今は9歳!

当時は茨城県から東京まで不妊専門クリニックに通院していたけど授からなくて、体外受精を予定しています。

という段階から漢方相談後に自然妊娠出産という嬉しいお話でした。

胃腸が弱くて下痢や軟便になりやすいので星火健胃錠もお勧めしました。

麦芽や参茸補血丸、婦宝当帰膠もです。

「2008.10.10 第23回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座に出席してきます。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日一日は、東京からの漢方相談のお客様が新幹線に乗って来店されました。

山形新幹線つばさで、さくらんぼ東根駅に午後1時18分に到着して、

帰りは午後3時58分で都合2時間くらいゆっくりと漢方相談をしました。

平日ということもあり、じっくりと相談できましたので良かったと思っております。

今後は自然妊娠できるよう、基礎体温などより一層整っていって頂きたいです。

以前は、東京からお客様が来店されますと「山形の田舎の薬局に東京からお客様が来る!」と驚いていたのですが、最近は山形新幹線もありますし、40代前後のお客さまたちの場合は、私と同じバブル世代ですから、「山形にはスキーで何回か来たことがあります!」という声を聞くようになってきました。

そういえば、今年のお正月1月4日に来店された茨城県のカップルのお客様たちは、結婚6年目でして、今まで大学病院や東京のクリニックなどで治療していたのですが結果が出ずにいたのですが、そのままご懐妊、ご出産となりました。先月あたりに吉報を頂きました。

当店の漢方を服用して2週間後にご懐妊が分り、喜んだことを覚えています。

ちょうど高温期の周期でしたので、そのお勧めした漢方が功を奏したそうです。

東京のクリニックでは、「自然妊娠は無理。体外受精でしか妊娠できません」と言われていたそうですから、嬉しさも倍増でした。

何故この話を思い出しかと言いますと、ご主人様がスキーの資格をもっていて、漢方相談後に蔵王に滑りに行ったからです。(笑)

(「新年の漢方相談会その後」に当時のことが書かれています。奥様は保健師さんでしたので、今まで不妊のときには、他人に母子手帳を渡していて、職業柄ストレスがあったのですが、ご自身が母子手帳を貰ったときには相当嬉しかったそうです。余談が長くなって、すみません)

その後、1人めはあんなに苦労したのに漢方で体質改善したせいか、2人めはポン!とできてお子さまは現在2人、ご主人様も相変わらずお元気にしているそうです。

とても嬉しく思いました。

今日は、ご自身の秋冬の寒さ対策、風邪予防とお子さまの喘息やアレルギー性鼻炎の体質改善の漢方相談でした。

9年ぶりに嬉しく思った話でした。

今後とも末永くお付き合いしていきたいお客さまご家族です。

お客さまから出産した嬉しいお手紙

9年前に頂戴したお客さまからの出産の嬉しいお知らせのお手紙です。

お客さまからのお手紙