土屋薬局公式ブログ|山形県東根市

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎がログしていきます。健康に役立つ季節の食養生、薬膳、ツボ、心の持ち方など。漢方、中医学。妻との会話も好き。電話相談0237-47-0033。寒河江市、河北町谷地、長井市、村山市、新庄市、尾花沢市、天童市、山形市、上山市などの方はどうぞご来店くださいね!

首の痛み、肩こり、頭痛1年間。漢方薬服用1週間でよく効きました。

首の痛み、肩こり、頭痛1年間。漢方薬服用1週間でよく効きました。

 

首の痛み、神経痛、頭痛、肩こり、目の圧迫感と辛いです。

ああ、首の痛み、神経痛、頭痛、肩こり、目の圧迫感と辛いです。

 

山形県は、東北地方に存在し、冬は雪が降り寒く、夏は蒸し暑いという厳しい自然風土があります。

 

農作業に従事している人が多いので、「痛み、しびれ」を訴える人が多いのが実情です。

そのような地域のニーズに応じて、土屋薬局では「痛み、しびれ」の漢方薬相談を得意としています。

 

膝痛、腰痛、坐骨神経痛、リウマチ、五十肩(肩関節周囲炎)などのつらい症状を緩和できるよう、皆様のお役にたてますよう、努力しています。


さて、30代の常連のお客さま。

独身時代から漢方をご利用されまして、第一子がいらっしゃいます。


今回の漢方薬相談は首の痛み1年間です。

 

肩こり、頭痛、重たい感じです。

 

頭痛は目が圧迫される感じです。

 

整形外科からは注射を患部にうってもらい、内服はロキソニンテルネリン、胃薬です。

 

耳鼻科では鼻のアレルギー。

薄い鼻水。

 

以前は副鼻腔炎と言われていました。


生理は順調で月に1回きちんときます。

 

首の痛みに悩む看護師さん

首の痛みに悩む看護師さん

 

先程の漢方薬相談が今年の8月22日。

その後、10月18日にご来店。


よく効き目があったそうです。

1年間の痛みや頭痛、肩こりが楽になった。

改善したとのことでした。


首や肩が漢方薬を服用する前とは全然違うそうです。

 

いまも良い状態をキープしているが、また再発しそうなので念のためにと再度、首の痛みの漢方薬をお求めとのことです。

 

看護師さん、首の痛みが和らぎました!

看護師さん、首の痛みが和らぎました!

 

掲載許可どうもありがとうございました。

 

その他にも座骨神経痛、腰痛や膝痛、頭痛、肩こり、眼精疲労など困っての漢方薬相談でお客様に喜んでもらうことが多いですので、お気軽に山形県の土屋薬局までお問い合わせしてください。


頭痛や首、肩こりなど頭周辺の身体の上部の漢方薬相談はコツがあります。

土屋薬局におまかせください。

 

【西洋医学的に首の痛みの原因は】

 

1.寝違え…寝起きに首や肩などに痛みがある状態

 

2.むちうち、頚椎の捻挫…

 

頚椎の捻挫、むちうちは交通事故などで後ろから追突された車に乗っていた人がよくなります。うなじの痛みや熱感、頭重、肩こり、首のこわばり、首や腕を動かせない、背中の痛み、腕の痛み、などの症状があります。

ひどいと、頭痛、めまい、かすみ目、耳鳴り、吐きけ、難聴、腰痛などの症状を伴います。

 

3.頚椎椎間板ヘルニア

 

椎間板が老化など、様々な理由で変形してしまうことで起きてしまうことです。首の後ろ側が動かせなくなる、左右の腕の痛み、しびれ、脱力感といった症状が起きます。椎間板は椎骨と呼ばれる首の骨の間にあり、骨同士がぶつからないようにクッションの役目をしています。

 

4.胸郭出口症候群

 

腕のしびれ、肩こり、首が重い。肩から肩甲骨にかけてのこわばりと痛み。

腕や手の指にだるさや腫れぼったさ、指先が冷たいといった症状。

顔面のしびれ感、頭痛、吐きけ、目のかすみなどの自律神経症状が出ることも。

 

5.変形性頚椎症…

 

首が痛い男性 首のうしろの痛み、重だるさ、首の疲れ、肩こりが前触れもなく突然発症します。

 

6.頚椎後縦靭帯骨化症

 

指の運動障害、歩行障害、膀胱障害、手足のしびれ、首を前後に動かす動作の範囲が狭くなる。糖尿病や肥満の方に多く、男性の方が発症頻度が高い

 

7.髄膜炎

激しい頭痛、発熱、さむけ、吐きけ、嘔吐を伴う病気です。首の後ろが張ってかたくなり、前に曲げると痛みます。悪化すると、意識の低下や痙攣が起きる病気

 

首の痛みの場合にはまずは医療機関を受診して、先生から治療を受けて病名がはっきりとわかった段階で漢方相談などご検討ください。

 


<首に痛みがみられる疾患>


○頸肩腕症候群

女性に多い、事務系の発症が多い、首・肩・腕にかけての慢性的な強い痛み

頭痛、目の疲れ、不眠、脱力感、憂鬱感、手のしびれや冷え


○頸椎捻挫(むちうち症

頸椎の関節や筋肉、靭帯などの微細な損傷


○頸椎椎間板ヘルニア

椎間板が突出し、神経を圧迫する

首や肩の痛みや手先のしびれ


○変形性頸椎症

椎間板の機能低下、老化現象、四十代、五十代によくみられる


後縦靭帯骨化症

五十歳以上の方が多い、後縦靭が肥厚し、骨化して脊髄を圧迫する→首・肩の痛み、手足のしびれ


○頸椎、脊髄腫瘍

安静にしていても、鎮痛剤を服用しても首や背中に激しい痛み(手足の麻痺、指先にかけて広がる)

 


<頸椎症 中医学的な漢方認識>


頸椎症の原因


1)加齢による肝腎虚弱→補腎が必要

2)慢性疾患における気血不足→決定的な要因ではない

3)風寒湿邪の侵入→外邪の侵入、寒さ

4)頸部の過労と外傷→デスクワークなどの事務、パソコンの使い過ぎ


頸椎症の漢方的な弁証


1)外感 風寒湿


2)内傷 肝腎虚弱・気血不足

肝腎を補うには補腎陰または補腎

ほてりには杞菊地黄丸がお勧め

補腎陽の冷え、猫背には参馬補腎丸、参茸補血丸など


気血不足は声が弱いこと、体質が弱いこと

補中丸、十全大補湯婦宝当帰膠など


3)過労・外傷:外傷歴→理気活血があう

デスクワーク、事務職など

怪我やムチウチによるもの

血行を改善することも大切です。



頸椎症 中医学の漢方対策


頸椎症の治則

☆扶正 補益肝腎・益気養血

☆去邪 風邪、寒邪、湿邪を駆除する、去風散寒除湿+活血化淤止痛


独歩顆粒 脾、肝、腎を補う

脾→筋肉

肝→筋、筋を柔らかくする

腎→骨を強める 「腎は骨を主る」


<頸椎症性神経根症(けいついせいしんけいこんしょう)>


症状:

☆腕から指先までの響くような激痛やしびれ

☆首の動きにより症状が重くなったり、軽くなったりする

☆指先の知覚障害、腕の運動障害


治則:去風散寒、活血通絡、益気養血

漢方:独歩顆粒+活楽宝または疏経活血湯製剤

風湿によった痛みを止める



頸椎性脊髄症(けいついせいせきずいしょう)

症状:

腕、体幹、足に運動障害や知覚障害

1)手指、歩行

2)膀胱、大腸→小水がでにくい、便がでにくい


治則:養血活血通絡、補益肝腎

漢方:独歩顆粒、参茸補血丸、水蛭製剤



<頸椎症椎骨動脈型>

症状:

1)めまい

2)突然倒れる

3)頭痛

4)眼部症状(視力減退など)

治則:養血活血、去風化痰

漢方:婦宝当帰膠、独歩顆粒、温胆湯

 

<頸椎症の漢方相談の臨床応用>

基本的には、去風散寒除湿、益気養血、補益肝腎の漢方を使う

神経根症(風寒湿邪→痺れ)+5つの生薬


+椎骨動脈(気血不足→めまい)婦宝当帰膠、温胆湯

一部は痰と関係ある


+脊髄症(精血虧虚→排便排尿障害)+参茸補血丸、水蛭製剤



頸椎症の三点セット漢方治療


通絡 ☆☆☆

補腎 ☆☆  (30~40歳を超えたら腎の力は下がる)

養血活血 ☆☆



中国の有名な施 杞先生の貴重な体験談


「痺」の三期治療


<急性期> 去淤+益気活血、通絡→水蛭製剤、去風散寒除湿、益気養血、補益肝腎の漢方

通絡+活血が望ましい、冠元顆粒や爽やかなお月様の漢方もOK、食用アリ製品、5つの生薬も

急性期は痛みが強い、活血を多めに使う


<緩和期> 和血+益気活血、通絡→鶏血藤、去風散寒除湿、益気養血、補益肝腎の漢方

病気が進んだとき、当帰を主成分とした婦人の聖薬、婦宝当帰膠も良い


<慢性期> 補益肝腎+益気活血、通絡(これ自体が去風散寒除湿、益気養血、補益肝腎の漢方のようなもの)

→鹿茸と人参を主成分とした漢方薬 参茸補血丸、去風散寒除湿、益気養血、補益肝腎の漢方、/独歩顆粒

慢性期は激しくはないが症状が残っている。たとえば肝陰虚には枸杞の実と菊の花が配合された漢方薬、杞菊顆粒

 

<一人一人の体質の強弱は違いますので詳しくはご相談ください>

 

当店に来店されるかたは私、薬剤師、不妊カウンセリング学会カウンセラーの土屋幸太郎との雑談が面白いとか励みになる、というかたがほとんどですので、山形県内はもちろんこと、宮城県、仙台、福島のかた秋田のかたも含めまして天気が良ければぜひご来店のうえご相談してください。

 

顔色などとても大事な漢方薬相談の情報です。

 

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

 

山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺遊佐町 米沢市。 お隣の新潟県福島県秋田県宮城県仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

 

来店前には0237-47-0033で漢方薬相談のご予約をぜひ!

 

薬剤師、日本不妊カウンセリング学会員、認定不妊カウンセラー、中国政府から国際中医専門員A級ライセンス認定 土屋幸太郎の親切丁寧な漢方薬相談。

 

三代目として実家の薬局を継ぐために東京の薬科大学を出て、東大病院薬剤部での研修後に中医学の中国漢方に出会って人生ががらりと変わり現在に至ります。それまでの西洋医学一辺倒から陰陽五行論東洋医学の世界へ。

 

一人でも多くの方に何か「幸せ」のきっかけになり「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」の「大好き」の輪が広がると嬉しいです。

 

健康をつくる漢方薬相談があなたの「夢」「人生の目標」の手助けになれば望外の喜びです。

 

tutiya.cocolog-nifty.com

山形で漢方をお探しなら土屋薬局までご相談下さい。