土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

脊柱菅狭窄症で漢方服用。身体が温まりお小水がよく出るように

昨日、週初めの月曜日の午前中に電話がありました。 

先週の10月25日から脊柱菅狭窄症で独歩顆粒を服用したお客さまでした。 

ちょうど娘様は頚椎症だったのでお二人で親子で独歩顆粒を服用してもらいました。 

娘様の頚椎症は身体の上部に相当しますので、独歩顆粒+頂調顆粒という感じで上下のバランスをうまくとる感じでお勧めしています。 

 

足腰の痛み、しびれに 

<足腰の痛みに悩む女性>  

さてお客さまの脊柱管狭窄性は足のしびれ。 

団地にお住まいで坂が多い。 

なかなか散歩できません。 

わずかまだ3日間くらしか実質、独歩顆粒を服用していませんが、独歩顆粒を服用しての感想は以下のようでした。 

 

脊柱菅狭窄症で漢方服用。身体が温まりお小水がよく出るように 

「漢方薬の独歩顆粒を服用したら30分くらい身体がポカポカ温まります。 

お小水もスッキリ出るようになって尿量が増えて驚いた」 

とのことでした。 

これはめんげん反応ですか?  

とお聞きされましたので、薬剤師として土屋が回答したのは 

「温まることはもともと独歩顆粒の痛み、しびれを改善するときの一つのねらいであること。」 

「また、お小水がよく出るようになることは以前の独歩丸時代からあることで、かなり効き目があって身体に合うサインです」 

とお伝えしました。 

お客さまは薬に敏感な体質だそうです。 

決して悪くない反応だとお伝えしまして、気長に独歩顆粒をお続けしていただくようにお伝えしました。  

痛い

 <痛い>

 

「イスクラ独歩顆粒」は、トウドクカツ、ソウキセイなど16種類の植物性生薬から抽出したエキスを顆粒としたもので疲れやすく、下肢が冷えやすい方の腰痛、関節痛、下肢のしびれ・痛みの改善を目的としております。  

効能・効果 

疲れやすく、下肢が冷えやすいものの次の諸症:腰痛、関節痛、下肢のしびれ・痛み

 

イスクラ独歩顆粒 

独歩顆粒の外観です 

独歩顆粒の外観です

<2012年11月20日撮影 土屋薬局店内> 

これが新発売された独歩顆粒(どっぽかりゅう)です。 

「独りでも元気に歩ける」 

「いつまでも独りで歩ける」 

そんな願いを込めています。 

独歩顆粒の銀色のパッケージ 

銀色の光り輝くパッケージに包まれています。 

 

独歩顆粒を一袋を茶碗にあけました

独歩顆粒1包を湯飲み茶わんに入れまして、お湯割りしてみます。 

独歩顆粒の粉です

けっこう、しっかりとした量がある独歩顆粒です。

独歩顆粒のお湯割りです

ジャーっとお湯で割ると、風味があるいい独歩顆粒の漢方の香りがしてきました。 

独歩顆粒のお湯割りの試飲です

一言でいえば独歩顆粒は「甘辛い」味です。 

キャッチフレーズは「自然に手がでる甘辛さ!」です。 

過去に独活寄生湯(どっかつきせいとう)といえば、煎じても飲みづらい味と言われていましたが、それが独歩丸(どっぽがん)になり誰でも飲めると喜んでいた過去が懐かしくなるほど、よくできた漢方製剤です。 

生姜(しょうきょう)や細辛(さいしん)の辛さ。 

当帰(とうき)や党参(とうじん)、茯苓(ふくりょう)などの甘さ。 

そして桂皮(けいひ)といってシナモンも配合されています。 

薬性全体としては、滋養強壮的な「甘味(かんみ)」に、痛み、しびれの原因となる風寒湿(ふうかんしつ)の邪気(じゃき)を追い出す「辛味(しんみ)」もあるという絶妙な漢方方剤となっています。 

こうして私は毎日、独歩顆粒を自分で飲んでみて効き目を確かめています。

 

イスクラ独歩顆粒(どっぽかりゅう) 

効能効果:疲れやすく、下肢が冷えやすいものの次の諸症:腰痛、関節痛、下肢のしびれ、痛み 

用法用量:成人(15歳以上)1回1包、1日2回、食間または空腹時に服用してください。

 「漢方/膝の痛み絶対解消大辞典」 

漢方薬で坐骨神経痛治りますか?」 

痛み、しびれを楽にしよう! 第二話 座骨神経痛、椎間板ヘルニアの漢方」 

膝痛、変形性膝関節症の漢方」 

椎間板ヘルニアの坐骨神経痛20年間、漢方薬3ヶ月で痛み改善!」  

こちらのコラムなども参考になりましたら、幸いです。

 

腰が痛い女性

腰が痛い女性 

<なぜ山形の土屋薬局は痛み、しびれの漢方相談が多くて得意なのですか?> 

山形県は、東北地方に存在し、冬は雪が降り寒く、夏は蒸し暑いという厳しい自然風土があります。 

農作業に従事している人が多いので、「痛み、しびれ」を訴える人が多いのが実情です。 

そのような地域のニーズに応じて、土屋薬局では「痛み、しびれ」の漢方相談を得意としています。 

膝痛、腰痛、坐骨神経痛、リウマチ、五十肩(肩関節周囲炎)などのつらい症状を緩和できるよう、皆様のお役にたてますよう、努力しています。 

また最近では、不妊症を中心とした婦人科系のご相談も日増しに多くなっております。 

2人目のお子様が授からない、流産を繰り返すなどの不妊の悩み、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫などの器質的疾患や高プロラクチン血症によるホルモンバランスの乱れなどのご相談で実績を上げています。

お客様の立場にたちました、親切丁寧な漢方相談を心がけ、東北にかまえる薬局らしく、土屋薬局は従業員一同、もちの木のように 粘り強く努力してまいります。 

当店は、さくらんぼ”佐藤錦”で有名な東根市(ひがしねし)に在ります。 

親切第一をモットーとして、親身になって健康について考えます。 

しっかりした相談で、あなたの悩みも解決します。 

健康についてのご相談、商品についてのお間い合わせを承っておりますので、お気軽にお電話下さい。