土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

卵巣機能不全(早発閉経)の不妊漢方で妊娠出産!

大部遅くなりましたが今年いただいた2018年の年賀状紹介します。今まで2人の客様の年賀状赤ちゃんの写真の年賀状紹介させていただきましたので今日で3枚目、最後の年賀状紹介です。

 

f:id:jdy00247:20180216161951j:plain

 

可愛らしいお嬢さんがディズニーランドの白雪姫でしょうかりんご抱いて写ってる写真があります。「娘もこんなに大きくなりました(8歳)」

 

こちらのお客様はなんと8年前のお客様です。

 

当時こちらの客様は最高でFSHが103、卵巣機能不全、卵巣機能低下、早発閉経でした。いわゆる卵巣機能の低下により30代で排卵採卵など難しくなり、体外受精を頑張っていてもなかなか結果が出ない中でインターネットのホームページで土屋薬局を見つけて私に県外から妊活の子宝、不妊症の漢方相談申し込んだお客様でした。

 

遠方でしたが1週間に多い時だと1週間に2回から3回の電話があり、意思の疎通、意思のコンタクトがスムーズにできて、臨機応変に対応できそしてIVMーIVF(未成熟卵体外成熟受精体外受精胚移植法)、確かFSHは20以上ひょっとしたらFSH30以上あった状態で採卵。(実際にはFSH44)

 

その卵がいわゆる未熟卵子での妊娠となり、妊娠出産につながったのでした。

 

非常に印象深い思い出が深いお客様からの年賀状でほんとに私はうれしかったです。

 

一時のピークは過ぎたとはいえ「土屋薬局にもまだまだお子様の年賀状が来るんだな」と嬉しく思った2018年でした。来年も出産の年賀状が多く来るようにお客様の立場に寄り添って漢方相談をしていきたいです。

 

ほかの2通の漢方相談で妊娠出産の嬉しいシリーズ紹介です。

 

funin-kanpo.hatenablog.com

funin-kanpo.hatenablog.com

 

そして今回のお客さまのことは過去に感動的だったので調べてみたら3つのコラムがありました。

 

funin-kanpo.hatenablog.com

funin-kanpo.hatenablog.com

funin-kanpo.hatenablog.com

 

(いまスタッフに2018年度のお客さまの嬉しい年賀状のパウチを頼んだら、スタッフも覚えていて「毎日のように電話してきたお客さまですよね」と言っていました。やはり印象深いです。体外受精でも通常はおそらく「たかが漢方薬だろう」ぐらいの気持であまり真剣に?相談されないケースが多くて、本当は採卵周期、ピルを服用している周期の準備期間、採卵から移植までの周期など体外受精でも漢方薬は使い分けます。こちらのお客さまは体外受精のクリニックでの通院のたびにホルモン値や体調を詳しくその都度お電話してきました。そのほうがこちらもやり甲斐があります。このブログを読んで土屋薬局にもし妊活、不妊症に漢方相談を考えているお客さまは、「あっ、詳しく体調や基礎体温表、ホルモン値など情報を薬局にどんどん出せば成功しやすいんだ」と思って下さいね。お願いします)