土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

お盆の土屋薬局の営業案内と近況報告です。

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

 土屋薬局の今週は、10日の土曜日まで営業で土曜日は午後6時までです。 11,12日の日月(山の日、振替休日)は定休日です。

13日から19日までのお盆の1週間は、営業です。

お盆休みなく開けてますので、処方箋とか健康相談などありましたら一人で悩まれずにご相談下さいね。

要するに山大附属病院や県立中央病院、河北病院、北村山公立病院などの総合病院が診療を行っていますので、処方箋を応じる義務がありますので、土屋薬局の場合にはお盆休みをとる理由がないのです。

とくに東根市の神町地区、若木地区のかたは地域のかかりつけ薬局として、土屋薬局をご利用いただければ嬉しいです。

父を今年の3月4日に亡くしてからは、後ろ盾を無くした喪失感もあったのですが、わたしの義務は地域に土屋薬局が残ることです。

どうしたらいいか?

それには、まずは処方箋を一枚でも多くお持ちいただくことです。

眼科、外科、耳鼻科、小児科、皮膚科などすべての科目の処方箋調剤できます。親切に薬の説明もいたしますので、ご利用ぜひご検討くださいね。

 

漢方相談会のほうは、先週の土曜日は3日けっこう忙しかったです。今週の土曜日は、8月10日、幸先生が用事があって出社できませんので、わたし土屋幸太郎の久しぶりのワンオペです。幸先生のファンのお客さまは別な日に変更してもらってもかまいません。どうぞ今日の8月5日月曜日から10日土曜日までのお盆前の1週間、土屋薬局での健康相談、漢方相談などもいかがでしょうか。

 

最近、来店されたお客さま、看護師さんで職場の先輩からの紹介でした。お話をお伺いしますと子宝の漢方で不妊克服で赤ちゃんをだけたそうです。漢方は2~3ヶ月の短期間で効き目があったとのことでした。

最近の来店者のかたはけっこう口コミの方が多いです。

あと土曜日か金曜日に来店されたお客さま、赤ちゃんが可愛くてニコニコちゃんでスタッフも大喜びでした。大歓迎のお客さまです。野菜までいろいろと頂いてしまいました。

最近、お客さまからスイカやモロヘイヤなど野菜もよくいただいていて感謝しています。ありがたいです。

 

さて昨日の4日に過ごした模様です。妻はちょっとゆっくりと実家で休養と親戚の用事があったのでわたし一人でぶらぶらしていました。

f:id:jdy00247:20190805163509j:plain

2019年8月4日 駐車場で猫に癒やされました。

f:id:jdy00247:20190805165304j:plain

狸森焙煎所 あいからわず看板が素敵です。ここ気に入っています。

f:id:jdy00247:20190805170352j:plain

外観も素敵です。こんなセンスのひとかけらもないので憧れます。

f:id:jdy00247:20190805170432j:plain

今日は窓際の席を。ぼっちなので、お店に申し訳ないし、窓の景色を眺めようと思って。そうしたら、オニヤンマや黄色い蝶が眺めることができました!

f:id:jdy00247:20190805170629j:plain

ここからはツイッターでやれないことをブログでやります。つまり写真を貼っていきます。

f:id:jdy00247:20190805170858j:plain

素敵なお店でしょう。

f:id:jdy00247:20190805171022j:plain

シンプルトーストとコーヒーはスモーキーな苦味のあるフレンチです。

 

f:id:jdy00247:20190805171121j:plain

窓の外もオシャレ

 

f:id:jdy00247:20190805171218j:plain

わたし、この風景をアイパッドで描いてみたいです。でも時間があるかなあ

f:id:jdy00247:20190805171301j:plain

コーヒーを美味しく飲もう

f:id:jdy00247:20190805175919j:plain

真夏の国道348号は妻の実家から白鷹、長井方面に抜ける道です。西行法師も歩いたそうです。県内最古の街道です。歴史があるので、心の中で「国道48号もいいけど348号も最高だなあ」とブツブツ思いながら、ブドウの産地の本沢を目指して妻と合流したのでした。