土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

「漢方相談して子供ができてもう小学校高学年になる」

こんにちは!

今日は11月6日水曜日です。

今年は11月8日が立冬ですから冬支度をそろそろ始める季節ですね。

早めの寒さ対策、お肌の保湿対策でしっかりと体調を整えていきましょう。

 

土屋薬局は11月3日、4日と文化の日で連休をとったせいか、昨日の連休明けの5日火曜日は土曜日並みに漢方相談が忙しく宮城県からも2名のお客様のご来店がありました。この場をお借りましてお礼を申し上げます。遠方よりご来店ありがとうございます。

宮城県のお客様とは丸森町の水害のことなどの話題になり、実際に一人のお客様は近いところにお住まいでその影響で仕事が大変だったとのことでした。

体調に気をつけて無理なくお過ごしになっていただきたいです。

 

さて今日の朝一番のお客様、風邪薬を相談購入にきたのですが、「俺の知り合い、ここで漢方相談して子供ができてもう小学校高学年になる」との会話でびっくりでした。

わたしの記憶が定かでないので念の為にパソコンでお客様名簿を探してみましたらなんと2007年2月4日のときでした。

「俺の知り合いは生理不順で1年に1回しか生理が来なかったんだ」

「それで子供ができたなんて漢方ってすごいなあ」としみじみした口調が印象的でした。

漢方薬はなんとたったの1回だけのご購入で、しかも婦宝当帰膠と炒麦芽でした。

婦宝当帰膠600mlと炒麦芽44包というご購入で妊娠できるなんてラッキーというか、相談することによってストレスが軽減されたというか、こういうお話もあるんだなあと思った次第です。

 

ちなみに婦宝当帰膠は養血調経で生理のリズムを整えます。

生理、妊娠、出産、授乳とリズムがあるのは「血けつ」の働きのおかげです。

炒麦芽は疏肝(そかん)といってストレスを軽減させるような働きがあります。

一時期、土屋薬局ではその組み合わせを多用していた時期がありますので、そのときのお客様でしたね。おめでとうございます。

f:id:jdy00247:20191106154402j:plain

2019年11月6日 大日様

f:id:jdy00247:20191106154444j:plain

月山が昨日、初冠雪になったそうです。どうでしょう。

f:id:jdy00247:20191106154554j:plain

目の前にはどーんと月山

少し、冠雪がみえますね。やはり月山は冠雪があったほうが美しいです。