親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

以前は不正出血があって流産したので予防の漢方を!

昨日、午後に来店されたお客様、かなり地元のお客様なので今年の10月からの漢方相談をしていました。

流産をされたことがあるということで、じっくりと漢方を2種類、最初は婦宝当帰膠を、次に炒麦芽を紹介していました。

流産後のストレスやイライラ、ホルモンバランスの乱れ、基礎体温表の乱れなどには、婦宝当帰膠と炒麦芽の組み合わせが良いことが多く、昔から土屋薬局、わたしの相談では愛用しています。

 

初回は令和元年10月15日

昨年に流産をした、7週目だった。

心拍確認後でショックだった。

流産後2ヶ月間休んで、タイミング療法、結果がでず。

今年の7月から不妊治療を再開しています。

顔がほてる。

人工受精を今年の9月に1回した。

生理が来てしまった。

10月14日から生理で、初回の漢方相談日は月経周期2日めのこと。

生理痛はないです。

生理の前日の胸の張りがきます。

AMHが低めだったので、飲み薬でなくて注射で排卵させています。

 

今周期も人工授精の予定です。

高温期がガタガタした基礎体温です。

黄体機能が弱いのではないか?

M字型になる。

鍼灸にも通っています。

舌ベロの裏が濃くて瘀血の感じだったのが、薄くなってきた。

基礎体温表も体温が上がってきました。

 

初潮12歳 月経周期28~30日 30代前半

月経期間6日間

3~4日目に経血が多いです。

寒がり、冷え性、尿が近いです。

 

11月29日に一瞬、亀鹿仙という亀ちゃん製剤をちょっと試し飲みました。

12月20日 昨日に検査薬で陽性反応!

今日は病院に通院、産婦人科で胎嚢確認!

 

土屋が詳しくお話をお伺いすると過去の流産は「不正出血」があったとのこと。

流産後の漢方相談で、妊娠したときに先を予想して流産を防ぐことも大切です。

そこで、不正出血対策には田七人参茶と「二陽の病は脾に発すの漢方薬」のどちらがいいかな?と考えて、「二陽の病は脾に発すの漢方薬」を不安感軽減も兼ねておすすめしました。

睡眠にもいいし、耳鳴りや不安感、不正出血などの対策に良いものです。

 

流産のときに「腰痛」があるケースには「補腎薬」が必要です。

ケースバイケースでご相談にのれますので、流産グセがある方は土屋薬局までご相談くださいね。

このたびはおめでとうございました。

 

そして以前には7週目で流産だったのでいわゆる「8週の壁」を突破するように心から祈念申し上げます。