土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

2人め不妊で子宝漢方。妊娠おめでとうございます!

こんにちは、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

雪が舞う山形県東根市です。

4月2日になっても雪が降るとさすがに寒さを厳しく感じます。

さて、先程のお客様、とうとう生理が来なくて婦人科に通院しましたら、妊娠5週目で胎嚢確認できたそうです。

funin-kanpo.hatenablog.com

funin-kanpo.hatenablog.comこちらのお客様、一人目の妊娠のときに婦宝当帰膠がよく効いてご出産になりとても嬉しかったです。

さてその後、平成29年から2人めご希望で子宝の漢方相談を続けてきました。

基礎体温表では高めの感じでしたので、婦宝当帰膠や瀉火補腎丸、二至丹、亀鹿仙などまたときには麦味参顆粒も使って体作りしてきました。

もう排卵誘発剤のクロミッドも1年間ぐらいずっと服用してきました。

 

前回の3月2日のときの薬暦簿からはてなブログに記載します。

「2月26日に生理がきました。今日は生理5日めでクロミッド開始、今回でうまくいかなかったら排卵誘発剤の注射をする予定です。今年一年間は最後に不妊治療を頑張りたいです。4月からは正職員になるのでいままでのようには通院できないかも」

 

そこで、婦宝当帰膠と紫煌珠(プラセンタ製剤)にイスクラ参茸補血丸を追加でお勧めしました。

むかし、私の兄貴の東西薬局の英明先生が「まず婦宝当帰膠、それでだめなら参茸補血丸、それでだめならプラセンタ」と呪文を唱えていまして、けっこう今から20年くらいまえは イスクラ婦宝当帰膠+参茸補血丸 これがゴールデンな組み合わせだったのです。

その当時のお客様たちも、その組み合わせでよく妊娠されていました。

というわけで、久しぶりに きたー 婦宝当帰膠と参茸補血丸、プラセンタ(紫煌珠)とう組み合わせでした。

どうもおめでとうございました!

ちょうど4月から正社員になると今までのようには通院できなくるとのことでしたから、素晴らしい展開でした。

娘様が、弟や妹を熱望していたために今年は雛人形にお願いし、お正月は仏様に「ママが授かりますように」とお願いしていたそうです。

病院のドクターからも「基礎体温表をみるとそろそろいい感じ」と今日に言われたとおっしゃっていました。

土屋薬局からは犬のマスコットを提供です。

どうもおめでとうございました!

「土屋先生のお陰です」と言われて、私も嬉しかったです。

f:id:jdy00247:20190402143159j:plain

2019年3月25日 若木山の山茱萸が今年も綺麗に咲きました。黄色が素敵です。

f:id:jdy00247:20190402143353j:plain

山茱萸は漢方の材料としても有名です。