土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

顕微授精で42歳、妊娠できました。父からの言葉

おはようございます。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

一昨日の夜、午後10時過ぎ、山形県東根市もどーんと地底から響く地震があり不安な一夜となりました。震度4だったようです。

雨降りで天気も不安定で余震の心配もありますので、お気をつけてお過ごしくださいね。 多数のご心配のお言葉ありがとうございました。

本日もよろしくお願い申し上げます。

 

さて本日は関西のお客さまから5月23日に届いたメールをご紹介させてくださいね。

 

顕微授精で42歳、妊娠できました。父からの言葉

「土屋幸太郎先生

お久しぶりです。
以前、山形に旅行に行った際、天童の○○さんよりご紹介頂いた兵庫県○○在住の○○です。

ご相談に行った後、ゆっくりペースで不妊治療を行い、昨年1月より不妊専門クリニックに本格的に通い、初顕微授精を行い42歳で妊娠する事が出来、現在5か月を迎え安定期に入りました。

採卵1回、胚盤胞移植3回、最初の2回はホルモン補充周期にて陰性(もちろん最初なのでグレードの良い胚盤胞からです)
3回目は最後の胚盤胞と初期胚を自然周期にて2段階移植をし、陽性を頂きました☆

購入ペースはまちまちでしたが、婦宝当帰膠Bなどを購入しながら移植しておりました。

最初の2回は、グレードも良いし、ホルモン補充してるし、妊娠するだろうと勝手に思いこみ陰性。漢方も本格的にのんでなかったのですが、、、

最後の移植と夫婦で決めた3回目移植は、以前お店にお伺いした際、帰り際お父様から、婦宝当帰膠Bをしっかりいっぱい飲んだら大丈夫!妊娠するから、いっぱい飲んでね!
と言われていたのを思い出し、多めに飲んで自然周期移植にのぞみ、陽性反応を頂く事ができ、今のところ何のトラブルもなく安定期を迎える事が出来ました。

今年の初め、最後の移植前ふとお父様の一言を思出だし、幸太郎先生にご紹介頂いた漢方を飲む事で妊娠に繋がったと思っております
本当に感謝しております。

まだまだ、今から暑い時期に入りますので、しっかりと出産するまで体調を整え、元気な赤ちゃんを出産したいと思います。

今現在は、漢方も飲みきり残っておりませんので、何も飲んでおりませんが、暑さを乗り切る漢方や、産後に良い漢方なども色々気になっております。

もちろん、出産しましたら山形に行きますので、その際は土屋薬局に直接ご報告に行きたいと思っております♪
奥様にお会いするのもとても楽しみにしております!

直接ご報告をしたかったのですが、なかなか山形に行く事が出来ずメールにて失礼します。

暑い季節になって参りましたので(山形はまだまだ寒暖差がはげしいのでしょうか?)お体に気をつけてお過ごしください。」

 

3年位前に来店されていたお客さまでたまたま山形の会社の同僚がいて、たまたま会社の支部が山形にあって、そんな縁があって関西方面のお客さまでした。

しばらく音沙汰がなかったので「どうしているのかな」と気にはかけていましたが、突然の妊娠のご報告のメールと、また今年の3月4日に亡くなった父の言葉などもメールに書かれていてとても驚いた印象深いメールでした。

私の父は、遠方からお客さまがいらっしゃるととても喜ぶ人だったので、父がにこにことお客さま夫妻に漢方の話を伝えたりしていることなど目に浮かんできました。

後生、このメールは記憶にとどめておきたいのでブログにアップさせていただきました。懐かしい思い出です。

 

このお客さまとは別にたまに関西方面、大阪在住のお客さまが当店をご利用されるケースがあります。きっとブログやツイッターなど読み込んで、いろいろと検討してみて信用して相談してくれていると思います。今後とも期待に沿えるように努力、勉強していきたいです。

f:id:jdy00247:20190620105015j:plain

2019年6月7日 虹を見つけました!

f:id:jdy00247:20190620105141j:plain

皆様の願い事も叶いますように

 

f:id:jdy00247:20190620105326j:plain

大日さまから場所を変えて若木山へ。若木山から眺めた同じ日の葉山です。

f:id:jdy00247:20190620105428j:plain

こちらの方からはもう虹が消えていました。一瞬の夢ですね。