はてなブログ土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの不妊体験も活かして誠実に漢方相談に応対中です。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。遠方のかたにはオンラインのメール相談で漢方相談表と子宝相談表を用意させていただきました。

婦人科のタイミング療法に漢方も上手に取り入れて出産された方から嬉しいお手紙頂戴しました

今日は梅雨空の下、はっきりとしない天候となっています。

今年のさくらんぼの収穫は、豪雪の影響で開花が遅くなり例年よりも遅れているようです。

さて、今日の話題は昨日にお手紙をもらったことです。

何か漢方相談のことや基礎体温表のコピーでも入っているのかと思いましたら、丁寧な直筆のお手紙ににっこりと微笑むご本人様と2人のお子さんとご主人様と両家の母親たち写っている写真で感激してしまいました。

200h1

婦人科でタイミング療法、排卵誘発剤の注射(HMG-HCG療法)をされていて、ホルモンが少なく、基礎体温では低温期が36・5度、高温期が36・7度で低温と高温の差がないこと。

高温期が12日間ないこともあり、短めな傾向とのことがおもな相談でした。

生理の周期は、35日と少し長い感じです。

いわゆる黄体機能不全のようなかたちです。

生理前にドキドキしたり、下腹部に嫌な感じもあります。

寝つきもあまり良くないとのことでした。

当店からは、養血調経(ようけつちょうけい)の漢方に、補腎剤(今日は3人のお客様から「女の子が産まれました!」という嬉しいお便りを頂いているのですが、みなさまこの補腎薬を使っています)の2本柱でお勧めしていました。

病院の誘発剤の注射や黄体ホルモン剤と、漢方薬は併用です。

漢方もこのような場合でも併用していくことにより、とくに補腎剤などは体のリズムを整えることに有効だと考えています。

ほかにストレスを解消するものなどもお勧めしまして、この度の嬉しいお手紙となりました。

本当に良かったと思っております。

Dscf1217