土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

PCOS(多嚢胞性卵巣)で何度も体外受精を繰り返していましたが、漢方服用半年で自然妊娠でした!

今日は、2回目の更新です。

いま、電話がありました。

不妊症で子宝相談の漢方相談のお客様。

排卵障害でPCOS(多嚢胞性卵巣)と診断されていました。

タイミング、人工授精、体外受精とステップアップ。

何回も体外受精をしていました。

9月からの当店での不妊治療の子宝漢方相談で、今回、「排卵日が月経周期の40日を過ぎていたのにも関わらず、自然に妊娠して(陽性となって)、ビックリ!でした。とても嬉しいです。」というお電話で私もビックリしました。

かなり遠方まで体外受精をしにいっていて、苦労されていました。

「今回はビックリで、お医者さんも驚いていました。

半年経過して漢方効かなかったら止めようと思っていたけど、基礎体温もグチャグチャだったけど、陽性でした。

それらの山形県外に通院する交通費や痛い注射に比べましたら、漢方は痛くないし、体調も良くなったし、費用も安かったです。

本当に効き目があったのですね。」

ということで、良かったなあ~と思いました。

FSH(HMG)の誘発剤などを使用しないで、きちんと排卵しての、自然妊娠でございます。

実は、もう一人の不妊症のお客様も土屋薬局の漢方薬で「ご懐妊、妊娠!」と嬉しいご報告が同じ日の今日にございました。

今年の7月から相談していて、その方は舌の苔が白くて若干厚めでした。

痰湿(たんしつ)」タイプとして、漢方をお勧めしていましたが、先日に人工授精1回目でご懐妊、妊娠だったということで、私も嬉しく思っていたところです。

(一番と最初にご紹介したかたは、舌の色が薄かったので、「王道」の「補腎、養血、活血」の方法でした)

その方へのアドバイス、生活の注意点、養生法としましては、「痰湿(たんしつ)」タイプですから、

1)ストレスでイライラしないこと

2)ダイエット

3)食事の制限

4)赤小豆、ヨクイニン(ハトムギ茶)などもお勧めです。

5)おやつを控えること。間食しないこと。

という感じでした。

本当にどちらの方も、予想外の早い結果で、良かった、良かったと思っているところです。

やはり200キロとか400キロの遠方から、わざわざ車で来店されるという「気合」も大事だし、私も「気合」が入って、正しい漢方処方を考えられたのだと思います。

土屋薬局 中国漢方通信」の本家でコラムを作成しています。

普段から漢方の本場中国で研修を受け研鑽をつみ、山形県や隣県のお客様からご利用頂き妊娠、出産の嬉しい声を聞いています。

不妊、子宝漢方相談は人にも言えずに悩んでいる方も多いです。

PCOS(多嚢胞性卵巣)で不妊症、排卵障害のお悩みなど、どうぞお気軽に漢方相談をお寄せください。