土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

夜ののどの痒み、咳が漢方で改善しました。顔の痒みも楽に

こんにちは!土屋です。毎日暑いですね、夏バテにはぜひお気をつけてくださいね。

夏場の健康管理はあまり冷たいものを飲まない、食べないで胃腸を守って美味しく食事をしていきたいですね。いんげん豆などおすすめですよ。

 

暑さが厳しくなってきますが、食べ物には五性があります。

熱、温、平、涼、寒の5つがあり、これは暑いから冷蔵庫で冷えたものを選ぶのではなくて涼性、寒性のようなものを選ぶと体が楽です。

涼性はあわ、大麦、きゅうり、セロリなど

寒性は苦瓜(ゴーヤ)、スイカ、バナナ、昆布などです。

https://twitter.com/tutiyak/status/1025240775183855616

https://twitter.com/tutiyak/status/1025240775183855616

https://twitter.com/tutiyak/status/1025240775183855616

 

わたしのアカウントはこちらです。ぜひフォローしてみてくださいね。

twitter.com

 

さて最近の土屋薬局での嬉しい話は、今日は妊活ではなくて夜の咳の話です。

常連のお客様の良かったお話です。

 

夜ののどの痒み、咳が漢方で改善しました。顔の痒みも楽に 

2018年7月18日

「夜にのどが痒くなります。咳がでて眠れなくなります。日中もそのような症状、のどが痒い咳がでます。続いています。眠れないと耳がボーッと耳鳴りしてきます。

通じは以前は軟便だったけれども今は通常の便です。

髪の毛が顔にあたるとい痒みがでます」

この症状改善にいつも服用されているイスクラ温胆湯や瀉火補腎丸などに、麻杏止咳顆粒を追加でお勧めしました。

 

2018年8月2日

「夜の咳の痒みがなくなりました。日中ののどのかゆみはまだあります。顔に髪の毛があたって痒いものもなくなりました」

ととても調子が良い経過でしたので、こんかいのはてなブログとしました。

麻杏止咳顆粒は、麻杏甘石湯を製剤化したもので、炎症やむくみ、咳、アレルギー、虫刺されなどにもいろいろと応用が効くようです。

効能効果は「気管支炎,気管支喘息」です。

わたしが上記で虫刺されと書いているのは日本漢方や中医学などでの応用編で適応外の使い方ですのでお断りしておきますね。おもに麻黄剤、石膏製剤としての冷やす使い方の紹介でしたー。

 

では明日の土曜日、また来店される方は土屋薬局でお会いしましょう!