はてなブログ土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの不妊体験も活かして誠実に漢方相談に応対中です。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。遠方のかたにはオンラインのメール相談で漢方相談表と子宝相談表を用意させていただきました。

梅と蔵王と月山と

P4190215

最上川の堤防沿いの道から奥羽山脈を眺めます。(2005年4月19日撮影)

「スプリング・ハズ・カム」です。

……

こんにちわ、山形は春うららかな好天となっています。

今日のニュースでは、山形市でもついに桜が開花したそうです。

私の住む地域は、まだ桜の開花よりも、今は梅が見頃です。

白梅に紅梅にと、春の訪れを実感しています。

昨日のお昼は会計事務所の先生と一緒に山形空港脇の「三男坊」という豚カツ屋さんに行きました。

駐車場に車を置くと、その隣の敷地の白梅のきれいなこと!

カメラを持っていかなかったことを後悔し、早速今日の昼休みに白梅の撮影に行きました。

上のトップ画像は、三男坊さんの隣の畑を見に行く前に、ちょっと遠出して最上川沿いをドライブしたときの模様です。

P4190237

さて、この画像が昨日感激した白梅です。

お店の中で、顔馴染みの奥さんに「梅がきれいですね~。今が一番と良い季節ではないですか?月山もきれいでした」と言うと、とても喜んでもらえました。

もちろん店内では、梅が見渡せる窓際の席に座ります。

この写真では、ハッキリと写っていませんが、天気の良いときには「蔵王」も眺められるそうですが、空港に近いところにあるお店ですので、県外の方などは「あの山が月山ですか?」と聞いてくることもあるそうです。

月山は、残念ながらその方向ではなくて、ちょうど窓側と反対方向の裏手に鎮座しているんですよね。

P4190248

なんと白梅は美しいのでありましょうか?

自然の美を感じますし、この時期にはここの地域に生まれて良かったなあと思います。

やはり地元が一番ですね。

P4190256

空港の周りを車を走らせて帰路につくと、また1本の梅の木に出会いました。

背景には、葉山連邦と月山です。

この梅の木は、どこかで見た思い出があります。

漢方コラム「」にも登場する梅です。

2001年から、もう5年経過しました。

ときの流れるのは早いものです。

私は何にも進歩していませんが、自然はいつも同じでやさしく迎えてくれます。

ume51

2001年に撮影したときの梅です。

ドラム缶も当時のままです。

山形空港近くで撮影しました。

遠くには、月山、葉山連峰が眺められ、山の峰峰(みねみね)には 薄っすらと白い雪が積もっているのが分かります。

この梅の老木は、今年の冬の豪雪を耐え抜いて、可憐な花を咲かせています。

古来から 梅を歌った和歌は、別れや過去の思い出を歌っているものが多いのですが、

私にとっての梅は 春の喜びに他なりません。

東風吹がば匂いおこせよ梅の花あるじなしとて春は忘れそ(菅原道真

P4190258

土屋薬局 中国漢方通信」でもコラムを作成しています。