土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

室生寺に行ってきました。

先日、念願だった室生寺に訪れることができました。

以前にメールマガジンでも紹介しましたが、

土門拳さんの文章を引用させて頂きます。

「デモ取材と古寺巡礼」より

しかし今の日本は問題が多すぎる。医者ならば、急患が多すぎるというところである。

ベトナムはいうに及ばず、沖縄、核禁、公害、物価と問題は内外に山積している。

1970年もすぐそこへきている。

即決即効の対症療法が必要で、気の長い持久療法などでは手遅れになってしまう。

患者が死んでしまった後では、投薬のしようもないようなものだ。

報道写真家としてのぼくも、今日ただ今のアクチュアリティのる問題と取り組んで、

現場の目撃者として火柱の立つような告発なり、発言なりを行いたい。

いわば民族の戦いにカメラを持って参加したいのだ。

それにしても、その民族のド根性が問題である。

どういうふうに考え、どういうふうに行動するにせよ、

日本人が日本人でなくなったら、無意味である。

何よりも日本人が日本人を忘れたら、すべてはむなしい。

「古寺巡礼」で苦しい旅を続けている時、

自分はなんでこんな苦労をするのか考えさせられる。

結局、一日本人としての自分自身が日本を発見するため、

日本を知るため、そして発見し、知ったものをみんなに

報告するためだということに思い至る。

それにしてはまずい写真をとるじゃないかといわれれば、一言もないが、

志がそこにあることは間違いない。

もちろん、この足がままになれば、そんなことをいっているひまもないだろう。

今はままにならぬ足をなでながら、二律相反の思いに悩んでいるとでもいおうか。

私は、土門拳さんの文章が大好きで、いつも読んでうっとりしています。

何より、かっこいい。

私も「日本人の魂」で、「日本の美」を見つめていきたいのです。

Imgp7304070526

<2007年5月26日撮影 室生寺 金堂>