土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

高プロラクチン血症とPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)で2人目出産!

2014年8月22日 残暑厳しい山形です。

Kさま(31歳)が2人目のお子様をご出産されましたので報告させていただきます。

1人目のお子様のときも、漢方を服用して出産されましたので嬉しい限りです。

Kさまから掲載許可を頂いておりますので、コラムを作成させて頂きます。

「素敵なアルバムありがとうございました。

大切に使わせていただきます。

私の文章でよろしければぜひ使って下さい。

私も皆様のご報告を励みに頑張ってきたものの1人ですから・・・。

私の体験が今頑張っている方の励みになっていただけたら嬉しいです。」

Kさまは、高プロラクチン血症PCOSです。

手足の先が冷えやすいです。

便秘気味で2~3日に1回です。

子供に手がかかりますので、イライラしやすいです。

生理の1週間前や排卵日あたりから、イライラしたり、胸が張ったりします。

生理の2~3日前には下腹部痛があります。

舌は、やや暗い感じです。

苔は、薄白(はくはく)です。

Kさまには、婦宝当帰膠や炒麦芽シベリア霊芝、爽月宝などお勧めしました。

2人目のお子様の漢方相談は、平成17年8月17日からでした。

がんばって服用されまして、平成18年のときのコメントは、

「明日から妊娠7ヶ月目に入るところです。

漢方薬も服用していたので、母子共々順調です。

元気な赤ちゃんが生まれるように、体調を整えていきたい」とのことでした。

そして、平成19年5月25日に以下のようなお便りを頂きました。

「昨年漢方薬でお世話になっておりました。

大変ご無沙汰しておりました。

昨年12月に元気な女の子を出産いたしました。

今は5ヵ月で寝返りも上手になりました。

とっても元気です。

上の子の入園などもありましてあわただしく日々を過ごしておりましたのでご報告が遅くなってしまい大変失礼いたしました。

2人目の妊娠ということで多少の無理はしましたが、漢方薬を服用しておりましたおかげでとても体調がよく出産までの日々を元気に過ごすことができました。

本当にありがとうございました。 」

「産後の月経が始まりましたが、生理痛が以前より軽くなりました。

基礎体温を見ても低温期と高温期がきちんとあります。

今は体のために特に何もしていないので漢方薬のおかげだと思っております。

土屋先生には本当にお世話になりました。

ありがとうございました。 」

ということで、私たちスタッフ一同もとても嬉しく思っているところです。

本当に良かったです。

どうもおめでとうございました!

岩手県金ケ崎町

<平成19年5月20日 岩手県金ケ崎町>

お贈りしていますお写真は、見晴らしの良い草原です。

心が晴れやかになるような眺めが続いています。

岩手県金ケ崎町

私はこのような風景が昔から好きです。

果てしなく続く道… というイメージでしょうか。

中学生の頃は、片岡義男のハワイの小説など読んでいて、

その単行本には、やはり気持ちの良い道が続いている写真などが

あったりして、しばし見つめては うっとりとしていたものです。

駒ケ岳

あの右側に見える特徴的な山は「駒ケ岳」。

あの山の向こうには、秋田県があります。

ちょうど十文字、湯沢あたりでしょうか。

お子様には、真っ直ぐに雄大に育って頂きたいです。

どうもこの度は、ご出産おめでとうございました。

ご家族末永く幸せにお過ごしください。