土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

乳がんの疫学と薬物療法まで(4)~ピンクリボン~

乳がんの疫学と薬物療法まで(4)」です。

Imgp3709080220

乳房の発生部位(1)

小葉に発生したものは「小葉癌」

乳菅に発生したものは「乳菅癌」

乳菅開口部付近に発生したものは「パジェット病」

Imgp3710080220

乳房の発生部位(2)

乳癌の発生部位は、外部の上部(C領域)が多い

Imgp3713080220

乳腺腫瘍の年齢分布

20~35歳 線維腺腫(良性)

30~45歳 乳腺症(良性)

40~60歳 乳がん(悪性)

Imgp3714080220

乳癌の好発転移部位

乳がん→骨、肝臓、肺

~ちょっと休憩~

Imgp3725080220

ピンクリボンって何?

Imgp3726080220

発症と歴史

~80年代にアメリカからスタート

シンボルであるピンクリボンは、まだ乳がんについての研究が浅かった1980年代のアメリカの小さい町で、乳がんで死亡した女性の母親が、この女性の娘である実孫に、同じ悲しみを繰り返さないよう、願いを込めて手渡したものがピンク色のリボンであったことに端を発する。

この行為が乳がんの恐ろしさと、乳がんについて知り、考えるきっかけをこの町の住人に広め、その後、草の根的な活動により、アメリカ全土はもとより、ヨーロッパ、アジアなど全世界的に広まった。

乳がんの早期発見、早期診断、早期治療を啓蒙する活動です。」

Imgp3727080220_2

日本におけるピンクリボン

~東京タワーをピンク色にライトアップしたことがきっかけ~

日本でのピンクリボン運動が一般的に認知されるようになったのは、2000年代に入ってから。2000年10月に日本最大の乳がん患者支援団体である「あけぼの会」が東京タワーをピンク色にライトアップしたことがきっかけ。

Imgp3728080220

ピンクリボンの活動

~様々な活動がなされています~

○スマイルウオーク

○開催都市(市民講座、無料検診など)

○チャリティーオークション