はてなブログ土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの不妊体験も活かして誠実に漢方相談に応対中です。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。遠方のかたにはオンラインのメール相談で漢方相談表と子宝相談表を用意させていただきました。

乳がんの疫学と薬物療法まで(5)

乳がんの疫学と薬物療法まで(5)」です。

Imgp3740080306

転移性乳がんの予後。

ケア、QOLを考える。

(死亡率が高いので、やはり早期発見、早期治療が大切だと思います)

Imgp3741080306

乳がん薬物療法

(クリックすれば、大きくなります)

Imgp3742080306

エストロゲンによる乳がん細胞増殖促進機構

乳がんは、エストロゲンの長期の曝露により促進される)

Imgp3743080306

おもな乳がん内分泌療法の作用点

…今回は、アロマータゼ・インヒビター(AI剤)の勉強会だったのでした。

不妊治療においては、適応外の使い方になりますが、

閉経前の女性において、ロー・レスポンダー(卵巣反応不良例)で、

レトロゾールを使って排卵させる方法があります。

これは、アロマターゼ・インビター(阻害剤)により、

エストロゲン低下 ↓

FSH(卵胞刺激ホルモン) ↑

となり、卵胞の発育を促進させる方法です。

Imgp3745080306

閉経前の治療戦略

Imgp3747080306

もっと分かりやく説明しますと、

視床下部

脳下垂体

ここの反応では、Gn-RH(ゴナドトロピン・リリースホルモン、性腺刺激ホルモン放出ホルモン)をアゴニスト、つまり沢山反応刺激することにより、一時的に機能が更新するが(フレアー現象)、数日後にはダウン・レギュレーションを起こして、脳下垂体からのFSHとLHの分泌が減ります。その結果、卵巣への脳からのホルモンの働き(FSH)が弱まるので、卵巣が休まって、エストロゲンの分泌が減るのです。

(私の店頭での漢方相談の場合には、体外受精の場合でもホルモンの話を詳しく説明しているので、大変に好評です)

Imgp3749080306

エストロゲン製剤

ERのレセプターを占有、阻害して、エストロゲンの分泌を減らす。↓