土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

モンテディオ山形対浦和レッズ戦試合を見て

7月4日、土曜日に我がモンテディオ山形は、J1最高人気の浦和レッズとNDスタジアムで試合をしました。

スコアは、実に「2対3」というサッカー観戦で一番面白いスコアで、残念ながら山形は負けてしまいましたが、テレビ観戦中、感激してしまいました。

浦和レッズサポーターの熱い声援。

サポーターとチームが一体となった躍動感など、

私達山形サポーターが見習うところ沢山ありました。

雑誌ナンバー読んだ方はお分かりだと思いますが、

宮沢キャプテンはレッズに3年間在籍していましたので、

いまだに「レッズ魂」でシューズの紐は赤い色です。

その宮沢選手が、いつ倒れてもおかしくないような、

必死の走り、そしてキック、シュートと八面六臂の活躍でしたので、

こちらまで胸がジーンと感激してしまいました。

あとは、原口元気選手と廣瀬智靖選手の江南南対決も見所がありました。

お互いやり合っていたので、小学校のときの同じチームに所属した仲間が、

こうして夢のJ1の舞台で敵同士に分れて戦うなんて、

まるでドラマみたい!とも思いました。

スカパーで、浦和レッズの試合だけは他チームですが、

いつも気になって録画していてチェックしていて、

なんだか怖そうなイメージもありましたが、

不思議と山形には優しそうな感じがしました。

とっても紳士的でした。

フィンケの監督の試合後のコメントも素晴らしいです。

ひとつ、私の個人的な印象ですけど、この山形のスタジアムに来まして、本当にシンパシーを感じるクラブだと思いました。スタジアムのなかでの雰囲気、全体的なオーガナイゼーション、そしてチームも一生懸命努力していますので、本当に私はシンパシーを感じるチームだと思います。ですので、このチームができる限りいい結果を残して、この1部に残ることができることを私は心より願っています。そして私たちのチームから移籍しました赤星が、みなさんのチームの目標を達成するために優れた仕事をすることを、私は心から願っています」

やっぱりサッカーって、素晴らしいです。

フィンケ監督って素敵です。