土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。不妊、不育でお悩みのかたぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。一緒に頑張りましょう!

当帰の花2

Imgp9299100710

<2010年7月10日撮影 我が家の庭 当帰(とうき)>

私も男性でありながら毎日婦宝当帰膠を朝晩や、また店頭で女性のお客様と一緒に試飲していることが多く、普段から馴染み深い生薬の一つです。

この当帰の白い可憐な花は放射状に伸び、夏の陽射しをいっぱいにすくすくとたくましく育っています。

近くまで鼻を寄せると、ぷーんと婦宝当帰膠のような匂い、当帰の香りがしてきて「おお、効き目がありそう!」と思ってしまいます。

イスクラ産業さんの「当帰のはなし」より

「当帰は、女性の体に欠かせない生薬として知られるセリ科の植物。

強い芳香があり、紫色を帯びた茎の上に、小さな白い花を咲かせます。

薬用として使われているのは、地中に30センチほど伸びた肥厚性の根の部分。

精油成分・ビタミンB12・葉酸などを含んでいます。

根そのものには弾力があり、香気が高いものほど上等品と言われています。

血液を補い体を温め、血流を良くすると言われ、中国では昔から「女性の宝」として重宝されてきました。

中国の民話にも病に倒れた女性が、当帰の根を食べてみるみる回復したという話が伝わっています。

それほど、女性の体には大切な生薬ということでしょう。」

Imgp9307100710

最近はすっかり当帰の花の勢いもなくなってきたので、また来年も当帰が増えるといいな♪と思う今日この頃です。

(新しくなった「イスクラ婦宝当帰膠」は意外に評判がいいです。私も服用していると、体がポカポカと温まります。美肌や髪の毛などにもいいらしいですから、私は男性ながら美容面に期待して飲んでいます)