親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

子宮内膜症と漢方…その7 (子宮腺筋症についても)

お盆を過ぎて暑い毎日、残暑が続いています。 

さて、「子宮内膜症」と不妊漢方…その7でまとめていきます。 

今年の5月15日にあった講座の内容ですが、充実しているためになかなかまとめるのに時間がかかっています。…

  

子宮内膜症の炎症を抑えるためにシベリア○芝などの活用(とくに着床障害に) 

シベリア○芝:免疫調整、炎症細胞を抑制する 

体外受精をする予定のお客様にも。 

体外受精だけ頼りにして卵がとれても分割しない、着床しない、流産する。 

かならずくるので漢方薬と併用して成功率が上がる。 

使用時期:低温期、高温期、妊娠中 

生理期には、弓帰調血飲第一加減(膜状月経)→膜状のようなトロトロした月経状態の湿、痰湿をとる 

低温期に炎症反応が強ければ卵胞の成長が妨げられる。 

チャガをつかう。 

体外受精のときには、排卵誘発剤を使って卵巣も腫れるし、基礎体温も高くなる。 

むくみを解消するだけでなくて、炎症を抑えながらいい卵がとれるように。 

高温期は着床を助けてあげる。 

妊娠中、陽性反応がでたら シベリア霊芝は2錠×2回が良い。 

心拍確認までは2錠×2回、心拍確認後は1錠×2回、3ヶ月まで。

  

5つの花の生薬、涼○楽:BBT下げ、炎症を抑える 

使用時期:低温期、高温期、妊娠中 (生理中は服用はお休み) 

 

子宮内膜症、子宮腺筋症の場合には炎症細胞が溜っている。慢性炎症。 

慢性炎症に一番効き目の良いものは野菊花。 

何年か前に北京の西宛病院に行った。 

そこの一人の子宮内膜の専門家の先生がよく使っていたものが5つの花の生薬に似ている生薬だった。5つの花の生薬を使って、内膜症の炎症を抑える効果とCA125を下げる効果、妊娠中の着床、着床障害、流産防止に。5つの花の生薬は5ヶ月以後まで、野菊花がCA125を下げ、炎症を抑える。 

着床障害、流産予防に。 

5つの花の生薬は3ヶ月は早い、6ヶ月に入ってから止めて良い。

  

 <子宮腺筋症> 

…妊娠が難しい 

軽い腺筋症だったら着床できるのでうまくいけば出産できる。 

妊娠率がゼロとも言われる。 

子宮が腫れてボール状態になっている。 

内膜と筋層 が融和状態で 子宮内膜はとても硬い。 

発病年齢:30~50歳、約50%合併子宮筋腫、約15%合併子宮内膜症(骨盤内) 

痛経:続発性、進行性加重(筋層 痙攣性収縮) 

月経失調:月経過多、経期延長、(子宮内膜面積が広くなり、子宮収縮が悪い)貧血を伴う。 

子宮増大:子宮均等性増大、ボール状、質硬い、圧痛。(内膜様組織が筋層 内に湿潤性成長、水腫、出血) 

不妊:着床障害 

診断:腹部超音波、MRI 

治療:手術(子宮摘出、核出、子宮内膜<13mmの軽い患者)、再発しやすい、ホルモンで生理を止める、子宮動脈塞栓術 

挙児希望が無かったら子宮をとるのが一番早い。

 

芙蓉の花が綺麗です

 <2012年8月12日 山形市 芙蓉の花が綺麗です。遠くは山形市、南ジャスコなど>