土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

全国地区会長会議に大阪に行ってきました!

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日、一昨日と連休を利用して日本中医薬研究会の毎年恒例の全国会長会議のために、大阪に行ってきました。

大阪は天気もよく晴れ渡り、束の間のお日様を楽しみました。

新大阪の眺め

<2013年1月12日>

泊まったホテルからの新大阪の眺めです。

まさにグッモーニング大阪!という感じのビルたち、大都会です。

夏苅会長からの挨拶

会長の夏苅先生の挨拶から二日目の会議が始まりました。

漢方相談専門薬局、薬店の将来を決める今年一年間の活動を先生方とお話してきました。

よい一年になりますように努力していきたいです。

南東北は、福島の原発問題、宮城県津波地震による被災地など私たち薬局をめぐる諸問題もございますので、いろいろな方のお力、知恵も拝借していきたいです。

前日の懇親会では、隣の席に座った女性の中医師の先生、昨年にイスクラ産業さんに入社したばかりで私と初対面でしたが気さくで明るくて良い先生でした。

日中間の諸問題もアルコールを交えながら話して、「お互いの国に行ったことがない、会話もしたことがない理解していない人たちが問題を大きくしている」とのことで意見が一致しました。

今後とも日中友好でいきたいものです。

女性の先生は大学のときに日本に留学して、先の戦争体験も持つ80代のおばあちゃんが3ヶ月間ぐらい日本に滞在して「日本人は優しいし、環境も良いからあなたはここに残って勉強したほうがいい」と言われて、そのまま日本に長く滞在しているとのことでした。

さて、先週の土曜日の漢方相談会は仙台や宮城県名取市からもお客様が天候の悪いなか来店して頂きまして、時間延長で午後6時半ぐらいまで一日ずっと漢方相談をしていました。

今週もしっかり漢方相談して、お客様に喜んで頂きたいです。

今日の連休明けの火曜日の午前中、息子さんと娘様の体質改善のことで先週にお渡しした漢方薬、とても効いていてお肌がスベスベになってきてざらつきが少なくなったそうです。嬉しいです。\(^o^)/

あとは60代リウマチのご相談もお受けしました。

肘や膝の痛みを軽減できるように真摯に相談させて頂きました。

薬剤師、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)、国際中医専門員(中国政府認定) 土屋幸太郎

 

今週の漢方相談会のお知らせです。

○2014年1月14日~18日(火~土) 薬剤師、国際中医専門員、不妊カウンセラー 土屋幸太郎が漢方相談を担当させて頂きます。

○2014年1月19日(日) 薬剤師 土屋信一が漢方相談を担当させて頂きます。

土曜日の漢方相談会、独身の方が結婚前に生理不順の真剣な漢方相談をお寄せ下さったり、カップルでのご来店が増えてきています。喜ばれる漢方相談を心掛けています。

お電話やメールでご予約お願いします。

平日の漢方相談大歓迎です。一人一人に時間をじっくり割いて相談しています。

遠方のかたは、電話やメールでご相談をお寄せください。こちらから。

中医学、とくに中医痺証中医婦人科に詳しい薬剤師 土屋幸太郎 (国際中医専門員)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

土屋幸太郎のプロフィールはこちらです。

土屋幸太郎の相談風景

<2013年11月4日 郡山市ビッグパレット 薬剤師 土屋幸太郎の漢方相談の風景>

漢方相談の風景

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン…毎月5日と15日の月に2回スタッフと力を合わせて発行しています。約360名の読者の方々がいらっしゃいます。ぜひご購読のご検討を!

法師温泉

<2013年7月15日 群馬県法師温泉 妻と一緒にパチリ>

漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。

所在地 山形県東根市神町中央1-10-7

Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651

仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。

福島県からのご来店のお客様も増えてきています。

郡山市から東根市までは約2時間ぐらいで当店に到着しますし、山形新幹線で息子さんと一緒にさくらんぼ東根駅経由で来店されたお客様もいらっしゃいました。

携帯からは、こちらをクリックしてください。→土屋薬局のグールグルマップ


大きな地図で見る

この季節は腰痛、坐骨神経痛、膝痛、首や肩の痛みなどが増えてきます。

「痛み、しびれ」の漢方相談にも力を入れていきたいです。

独歩丸の後継者、独歩顆粒が正式にイスクラ産業さんから発売されましたのでご紹介に力を入れています。

また若い女性の方からはカンジダ膣炎の漢方相談が増えていて、痒みが治まって喜ばれているケースがほとんどですので今後とも「痛苦を解除できるよう」真摯ににこやかに対応していきたいです。

「何少山医論医案経験集」です。

「何少山医論医案経験集」です。

伊丹空港などでだいぶ待ち時間があったりしましたので、新大阪駅ドトールなどでコーヒーを飲みながら3~4時間ぐらい読み込みました。

最近、漢方相談のレベルが上がってきましたので何少山先生の貴重な医案の記録を読んで、処方を検討して自分ならば日本にある漢方処方でどのように対応するかどうかイメトレです。

子宮内膜症の章を読み終わったのですが、最後のほうは中盤からは卵巣嚢腫に対する方法でした。

卵巣嚢腫になりやすい体質とは、胃腸が弱くて寒がり、冷え性腎虚、腎陽虚の体質も関係しているなど順序だって理論的に理解しました。

今後とも良い漢方薬をお勧めできるように自宅学習、コツコツしていきたいです。