親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

凍結卵を戻す段階からの子宝妊活の漢方相談

皆様、お元気ですか? 

不妊治療で体外受精されたお客様。 

友人から土屋薬局紹介されて体外受精で受精卵の「凍結卵」を戻す段階からの子宝妊活の漢方相談。 

めでたく陽性反応!心拍確認してきたそうです。 

ご主人が家事をすべて一気に引き受けているそうで、お互いに母性と父性が高まってきてるそうです。 

おめでとうございます!

 

 

姙娠されたイラスト

 

姙娠されたイラスト 

お客さまは市内の40代の高齢不妊症の方です。 

最近、テレビでも昔は50人に1人が体外受精で出産と言われていましたが、20人に1人は体外受精での姙娠、出産と報道がありました。 

東根市の土屋薬局でも、30代の若いお嬢さんたちが体外受精で卵を3つ凍結しました。 

などの報告があることが普通になってきました。 

当店の場合には自然妊娠、人工授精、タイミング療法、体外受精など、すべての段階での妊活の子宝相談可能です。 

受精卵、凍結融解胚移植のときには、子宮内膜の血流が良くなって「着床の窓」が開いたり、子宮内膜が「ふかふかの赤ちゃんに最適なベッドにになること」のお手伝いになるような漢方薬をご紹介、お勧めしています。 

子宝の妊活漢方で先を制して着床障害を予防して、流産を一歩前の段階から予め予防していく方法です。 

流産、死産後の漢方相談は、こちらも悲しくなってきますので、なるべく嬉しいお客さまのご来店を増やしていきたいです。 

その結果、上記のお客さまも子宝相談最短1ヶ月での妊娠でした。 

いまは漢方薬を妊娠中に服用するメリットが身をもってご理解されましたので、引き続き続けています。 

どうもおめでとうございました!  

 

「2017.09.11 仙台で「不妊漢方の子宝相談の基本」を学んできました。」 

不妊症の漢方。土屋薬局はあなたの妊娠力を引き上げるお手伝いをします。

 

こちらのコラムにも40代高齢で体外受精のときに漢方薬を併用することのメリットを書いています。 

一部の産婦人科の先生方も認めてきているようです。 

どうぞ自信をもって漢方ご愛用くださいね。