不妊漢方で子宝|土屋薬局ブログ

不妊の子宝漢方相談、痛みしびれ、耳鳴り、不眠など土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。相談料は無料です。相談は薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎と女性薬剤師で人気の幸の2人です。相談予約もしくは電話相談は、山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。@tutiyakです。優しい人柄がわかりやすいです。

アフターコロナ、コロナ以降の時代の変化も考えよう。連休中の営業案内

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今週は2回めのブログ更新です。

いろいろとブログに書いてみたいことがあるのだけれども、なかなか時間がとれないこともあった、わけです。

新型コロナでステイホームでこんな連休はないでしょうくらいの静かなゴールデンウィークになりそうです。

こういうときには、まず気持ちが滅入ってはいけないので、鏡をご自身で眺めたらまず自分にニッコリしましょう。

自分を励まして、自分を褒めて、自分が自分の最大の理解者、味方になるべきです。

焦らない、慌てない、諦めないの3つの「あ」がありますが、この気持を大事にして、そして周囲にはこんなご時世ですから笑顔と感謝で「ありがとう」が大事ですね。

 

けっこう職場の世間話やお客様、処方箋の患者さまとの話でも馬鹿話のような軽口を喋りあうこともおすすめです。

緊張感が緩んでいたらそれはいけませんが、消毒殺菌や換気なども気をつけたうえで、マスクもお互いにつけていますが、それでも楽しく会話をすることも大切だと思います。

在宅勤務ではおしゃべり、雑談ができなくなるので、その息抜きの話やまたビジネスでは人とあって話て、ちょっとしたことがヒントになること、印象に残ることもありますので、そういうセレンディピティの偶然性がちょっとなくなるかもしれませんね。

 

いずれにしましても今のうちからアフターコロナ、コロナ以降の時代の変化も考えつつ、状況に仕事や家庭をあわせていきたいですね。

中医学の「中」とは「中国」の意味ではなくて、「時中」の「中」です。

つまり「ときの流れの真ん中」を読むことが大切です。

これがわかっていないと「ブームに踊らされる」とか「時流を読む」になります。

そうではなくて「時中」の「時の流れの本質」を考えてみましょう。

 

さて、本題です。

土屋薬局の連休中の営業案内です。

基本的にカレンダー通り、カレンダーが赤いところはお休み、それ以外は営業です。

 

明日の26日日曜日はお休み。

27,28日の月火は営業。

29日(水)昭和の日 おやすみ

4月30日営業

5月1日金曜日営業

5月2日土曜日営業

5月3~6日までは4連休です。

スタッフ一同、静養して静かに過ごして英気を養わせていただきます。

どうぞよろしくお願い致します。

 

f:id:jdy00247:20200425135352j:plain

2020年4月19日 妻を誘って近所の若木神社の桜を見に行きました。

f:id:jdy00247:20200425135457j:plain

今年の桜は開花が早かったものの、気温が下がったせいか、だいぶいつもの年よりも長く咲いています。でもやはり桜は散るもの、水面に花びらが。

f:id:jdy00247:20200425135635j:plain

若木山の桜満開です。

f:id:jdy00247:20200425135727j:plain

桜道を夫婦で散歩するのも良いものですね。