土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

産後の女性は出産で体力と血を消耗して、気血や陰が不足がちになります。

おはようございます。本日7月2日は半夏生、半分夏に生きる日で我が家ではカラスビシャク(半夏)も勢いよく伸びています。

さて子育て日記をツイートしたことをまとめていきたいです。

 

2021年5月25日

おはようございます。クレマチスの花が満開です。我が家にやってきた赤ちゃんは体重も重くなってきて妻と「だいぶ大きくなったね」と語り合っています。いまは親子のラポール(信頼関係)の構築のために、抱っこ抱っこをして可愛がっています。お父さんは今日も仕事頑張ります。では、よい一日で!

f:id:jdy00247:20210702092206j:plain

 

産後の女性は出産で体力と血を消耗して、気血や陰が不足がちになります。

産後の女性は出産で体力と血を消耗して、気血や陰が不足がちになります。産後1ヶ月から100日までは産後の養生が大切。キャベツと玉ねぎのポトフを作りました。キャベツで胃の調子を整えると母乳は胃の経絡とつながっているので母乳の出にもよいです。スープにすることで食材の栄養を無駄なくとれます。

f:id:jdy00247:20210702092656j:plain

 

2021年5月26日

こんにちは!フォロワーのお客様からお祝いの品を頂戴したり、わざわざ仙台から直接お届けにあがったお客様やまた、以前の親しかった漢方の会社の営業の方などから妻の出産にあたり、祝い物をいただきまして夫婦で喜んでいます。今後は恩返しの気持ちも込めて仕事していきたいです。ではよい午後をー!

 

f:id:jdy00247:20210702093718j:plain

f:id:jdy00247:20210702093818j:plain

f:id:jdy00247:20210702095305j:plain

 

産後の生活に注意して十分な休みをとりましょう。

出産時、骨盤が開いた事とともに、全身の関節が開いた事も考えられます。また、出産時の体力の消耗のため気虚となり、風邪をひきやすかったり、関節痛を起こしやすくなります。産後は身体を冷やさない様に気をつけましょう。


★養生法 

1 )産後 3 ヶ月は、洗濯や食器洗い、歯磨きも温水で行うこと。
 2 )産後は汗をかきやすく、風邪もひきやすい時期であることから、頻繁な洗髪や入浴は控えた方がよい。

3 )産休中は本を読まないこと。疲れ目、ドライアイ、視力低下など目のトラブルの予防になります。

4 )目によい食べ物として、レバー、枸杞子などをとりましょう。

以上です。今回は私たちの出産と同時に産後ケア、中医養生などまとめました。

今後とも土屋薬局をどうぞよろしくお願い致します。