子宝漢方で不妊解決!妊娠出産|土屋薬局ブログ|山形県東根市

薬剤師、不妊カウンセラー、日本不妊カウンセリング学会員の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、子宝漢方は病院の治療に併用でき、妊娠のチャンスを増やします。ぜひ未来のあなたの環境を劇的にかえてみませんか?真剣に相談対応します。相談無料、秘密厳守です。安心してご相談下さい。来店または電話相談0237470033または漢方相談表、子宝相談表で

武漢からの年賀状

Imgp0076070126

武漢(ぶかん)からの年賀状が先々週に届いていたのでした。

うっかりものの私は、漢方相談机においてある

整理ボックスに入れっぱなしで、今まで忘れていました。

中国からは、通常は2月の旧正月春節」に

年賀状などが届くものですが、

日本の風習にあわせて送られてきましたので、感激しました。

なお、宛名も中身のお手紙もすべて、

自筆でしたから益々感激ものです。

Imgp0079070126

やはり、ここの手紙のところは「ゴージャス」にして頂きたいところです。

この中国風の紅い色紙に、金色でピカピカと光り輝いていますと

嬉しくなってきます。

婦宝当帰膠を製造している、武漢にある「中蓮製薬」を

昨年の11月に訪れました。

そのときの「日中友好のフレンドな関係」など思い出します。

武漢へ」の体験記は、

未完のままですから今後、再開したいと思います。

Imgp0080070126

来月2月に、何先生が指導に来てくれますので、

そのときにこの手紙の内容を読んでもらおうと思っています。

やはり武漢はフレンドリーなところです。

私、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)の使い方も、

これからももっと勉強していきたいです。