土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)のかたのご懐妊

先週の土曜日の午後に、ちょっと暇だったので、軽く読書をしていて、

ふと目を上げたらカップルのお客様たちの見下ろす視線と目が合いました。(苦笑)

奥様は、すでにお腹が大きくて幸せそうでした。

妊娠5ヶ月目で、順調とのことで、

お礼がてら報告に来店したそうです。

今回は、糖尿病の薬を私のアドバイスも参考にしながら、

クリニックの先生の指示通りに、メトフォルミンを服用するだけで、

クロミッドなどの誘発剤も使わずに、(漢方はずっと服用していましたが)、

自然に授かったそうです。

「何にも考えなかったのが良かった」というご主人様の意見に納得です。

12月に出産の予定で、今はもう、つわりも落ち着いたそうです。

平成18年12月31日の大晦日が初めての漢方相談でした。

奥様当時25歳。

結婚1年半。

生理不順。

1年前から生理が来ない。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と診断されている。

病院から、クロミッド1日2錠の服用と温経湯を処方されている。

HMG注射(卵を育てる注射)も併用している。

舌の尖(さき)は、赤めでストレスを感じます。

舌の苔は、白い感じで、冷え性を感じられます。

○お勧めした漢方薬

1)養血調経(ようけつちょうけい)…生理が自然に来るようになる漢方薬

2)活血化淤(かっけつかお)…無排卵に強い漢方薬

3)健脾化痰(けんぴかたん)…胃腸を丈夫にして、卵巣の汚れを解消し、排卵にに役立つ漢方薬

その後、真面目に来店をお続けになりました。

○平成19年1月5日

レーザー療法を紹介されたが、抵抗感があります。

糖尿病の薬を使う方法も紹介されました。

生理は、注射をしないと来ません。

いまは、ずっとHMG-HCG注射でのタイミング療法をしていて、

すでに5~6回繰り返しています。

次回は、クロミッドの内服から始めます。

○お勧めした漢方薬

1)養血調経(ようけつちょうけい)

2)卵巣の若返りの漢方薬…これは素晴らしいです。

3)ご主人様に→「種」を増やす漢方薬

○平成20年4月6日

妊娠検査薬も漢方とともにお買い上げ。

「もしかしたら…」

ということで、先週の土曜日に嬉しい来店で、とても嬉しく思った次第です。

ご主人様も、奥様も、明るく元気そうで良かったです!

Imgp4401080701

<2008年7月1日 我が家の庭 「キキョウ」>