土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

山形市の生協コープ城西店さんで薬膳・漢方の講演会を行いました。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日の11月29日(木)は山形市の生協コープ城西(しろにし)店さんで薬膳・漢方の講演会でお話する場を1時間頂戴しました。

久しぶりの消費者講演会で緊張したのですが、無事に楽しくお話しさせて頂くことができまして大役を果たした気持ちでいっぱいです。

コープさんによりますと、なかなか薬膳のことや漢方のことを話してくれる人材がいなくて探すのに苦労したとのことでした。

最初、10分前ぐらいに生協の2階会議室にお邪魔したときには会議をしていまして、その中に混ぜて頂きましていろいろと生協さんのお話をお聞きしました。

今度の選挙では日本の農業を守るためにも、TPPのことなどすごく重要になってくるそうです。

アメリカのほうの食材も日本よりも多くの日本では認められていない添加物などもたくさんあるので、その面でも私たちの家庭の食卓を守ることにも使命感があるそうです。

毎日の食事と政治や経済の動きって密接なのですね。

いろいろと勉強になりました。

さて私の話は、「1時間で分かる中医学に基づく薬膳」をテーマにしたのですが、どこまで目標が達成できたか少々疑問ですが、大変に場の雰囲気が和やかで笑い声が多くて、みなさまの貴重な人生における1時間を無駄にしなかたのでは?と思っております。

会場は約30名ほどの主婦のお客様で満員でした。

有難いことに、当店に山形市から来店して頂いているお母様やこのココログを読んでくださっている方も来場されました。(ブログで告知することも無駄ではありませんでした)

昨日の講演内容でまず大切なことは一つ。

「家庭を守る、料理を作るお母さんたちが家庭の医者であり、健康をまもる大事な役目を担っているのです」

ということでした。

「天人合一」「地産地消」などと言われていますが、生協さんでしっかりと美味しい野菜を購入して、健康を作ろうよ。という漢方の話よりも、薬膳の野菜などスーパーで買えるものに力点をおいた話が中心でした。

インドネシアから山形にきて住んでいる方も実際に生姜湯を作って会場でふるまわれましたが、とても美味しかったです。

インドネシアのかたは、私の薬膳の話が面白かった!です。と言って頂けましたので、ほんとに良かったです。ターメリックも家庭では使っているそうです。次はカレーでしょうか?(^^))

というこでこれからも機会があれば外にでて自分の持っている知識を最大限に活かしていきたいと思った次第です。

Imgp45221129

<2012年11月29日 当日の生協さんの内容です>

Imgp45231129

講演が終わったあとに私も試食に混ぜてもらいました。

生姜湯を飲んだら東根まで体がポカポカでした。

生姜は、独歩顆粒や葛根湯など体を温める漢方薬、痛みやしびれを和らげたり、風邪を治すときによく使われます。

私の師匠の上海出身に何先生も生姜湯を家庭で作っているそうです。

高級な漢方でもなくて気軽に入手できるからいいですね。

Imgp45241129

資料のプリントを配って、あとはときどきホワイトボードに書き込むという昔ながらの講演スタイルでした。

パワポがなくても大丈夫でした。