心と体の相談処 土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

体外受精で凍結融解胚移植で無事に出産。着床障害克服

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日初めて不妊症の、妊活の子宝漢方相談で来店されたお客様、仙台のご友人からのご紹介でした。

おそるおそる「仙台のご友人の方は当店のことを何かおっしゃっていましたか?」とお聞きしたところ「はい、仙台の友人は妊娠して出産して幸せにしています」というお言葉でしたのでホッとしたところです。

子宮内膜症、チョコレート嚢腫で生理痛が辛かったのですが、今まで漢方薬のことはあまり信用できなかったので試すことができなかったそうです。

幸いにして当店ではさまざまな漢方の種類があり、生理痛への各種対応策がそろっています。

たとえば

○生理中に下痢する

○生理中に便秘する

○生理中にまったく食事を受けつけなくなってしまう

○生理前後の頭痛

○生理中の血塊

○生理がスッキリ終わらずにダラダラ続く、10日間ぐらい

○生理中にお腹が張って、生理の後はウエストがもとに戻る、極端だとベルトの穴1個分違う感じ

○生理中に冷えて痛む

○生理中に基礎体温が高い

○生理の量が少ない、多い

など生理の状態をお聞きして生理痛が楽になるように各種対策をとっていきます。

最近は子宮内膜症、子宮腺筋症のかたの生理痛という難しい漢方相談に挑戦して、生理痛の軽減を実感される方が増えてきています。

「求子之道、首先調経」

「子を求める道は、まず月経を調整する」

「調経種子(月経を調整して子種をまく)」

の言葉を胸に女性の味方となる漢方相談をしていきたいです。

さて

先週の水曜日 6月5日にメールマガジン通算210号を発行しました。

その内容と編集長コラムをご紹介したいと思います。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●  土屋薬局 中国漢方通信 メールマガジン 

vol.210 2013・06・05 

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご購読ありがとうございます。

メールマガジンは、土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン

のメンバーに登録を頂いた方にのみ、送信しております。

誠に恐れ入りますが、配信アドレスの変更、配信停止(メンバー退会)は

お客様自身でお手続きくださいますようお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して

発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000139327.htm

発行者Webサイト: http://tutiya.la.coocan.jp/mail-maga.htm

----------------------------------------------------------------------

● このメルマガの内容とは

最新の中国漢方情報とスタッフの日常や近況を綴っております。

● 目次

1.巻頭コラム 「不妊治療。体外受精で凍結融解胚移植をしても着床しなかったのですが、漢方も併用して無事に出産することができました! 」

2.ハッチ日記 186話 「ド・ド・ボォ~~~~~~ン」

3.スタッフより 「今どきの“部活動”って、すごいんですねぇ~~~」

4.『とってもためになる!中国漢方セミナー210』

  

   ★『元気な「心」は健康の要!』★

5.編集後記  「第32回不妊カウンセリング学会に行ってきました」

●お知らせです。

「メルマガでもっとお役に立てる情報を発信したいと思いますので、

日ごろから疑問に思っていることを教えてください。

あて先は、こちらへ  <JDY00247@nifty.com>です。

ツイッターは、http://twitter.com/tutiyakです。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●  5.編集後記 「第32回不妊カウンセリング学会に行ってきました」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、6月1日、2日の土日と東京虎ノ門ニッショーホールで開催された、日本不妊カウンセリング学会に参加してきました。

東京は紫陽花が綺麗な季節で平日とはまた違った顔をみせる虎ノ門で二日間過ごしてきました。

紫陽花

<2013年6月1日 土曜日の東京虎ノ門を歩く。東京駅から新橋で降りて、新橋から虎ノ門までは徒歩10分ぐらいで意外に近いのです>

個人的に参考になったこと

○AIDは最近は行われなくなってきている。

一番盛んだったピークは90年代まで。

現在ではICSIやMD-TESEなどの精巣内精子を顕微鏡下で回収して体外受精をする方法が確立されたので、以前のようにすぐに他人の精子を使って人工授精をするなどという方法を取らなくなってきている。

やはりルーツ探しなどの自分の本当の親が知りたいなどの倫理面や他人や親姉妹にさえ秘密にしなければいけない。

などのプレッシャーがありますから、自然と世の中はそのような流れになっていることを知りました。

泌尿器科からみた男性不妊の悩み

いまは顕微授精(ICIS)などの体外受精の技術の進歩により、男性不妊であってもずっと泌尿器科で受診するというよりは、婦人科と連携してうまく精子を採れるようにするような治療が求められている。

ただし以前の時代のように、今ほどMD-TESEなど盛んだった時代から比べて、精巣静脈瘤を手術した結果、精子の運動率や数が改善れて自然妊娠するカップルもいたことから、丁寧な診察ももとめられているのではないか。

体外受精では40歳の人は7%の出産率、44歳の人の出産率は1%ということから、先ほどマスコミでも話題になった40代以上は公費補助を見直すべきという意見がだされました。

国民の税金を結果がでないことに使うことへの意見があったからです。

35歳ー39歳で不妊治療を始めると4割の方が出産

40歳以上では1割の方が出産

以上のことを踏まえると、

結婚、妊娠、出産、育児

の女性のライフステージから婚活も大切になってくる。

低出生体重児→子宮内膜と関係があるのでは?

など今年もいろいろと参考になりました。

店頭の漢方相談に活かしていきたいです。

不妊漢方早わかり/子宝漢方のツボ/山形仙台

体外受精と漢方併用。結婚12年初めて妊娠しました!

こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

スペイン大使館

<2013年6月2日 六本木のホテルに泊まったのですが、1日は不妊カウンセリング学会が終わったあとに札幌や京都、滋賀県福井県のなどの漢方薬局の先生方と懇親会をして、道を聞きながらホテルまで歩いていきました。翌日は颯爽と気持ちのよい風に吹かれながら六本木から虎ノ門を目指します。私は「週末愛宕人」です!写真は途中にあったスペイン大使館、オーレ!>

テレビ東京

ニッショーホールまでテレビ東京もあって感激でした。