土屋薬局|子宝漢方で不妊克服!

子宝漢方で体質改善、妊娠力を高めましょう!山形県東根市の土屋薬局のブログです。薬剤師、不妊カウンセラーの親切な相談。自然妊娠、人工授精、体外受精など妊娠したい子宝相談すべて承ります。漢方相談はお電話0237-47-0033店舗または下記の漢方相談表、子宝相談表をご利用ください。ご来店の場合にはお電話でのご予約が確実です。よい結果を一緒に目指しましょう!

流産を乗り越えて 高プロラクチン血症、抗体が高かったですが2人目も自然妊娠で出産されました。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●   「流産を乗り越えて 高プロラクチン血症、抗体が高かったですが2人目も自然妊娠で出産されました。」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Fさまより掲載許可を頂戴しましたので、漢方で嬉しかった体験談のコラムを作成します。

ありがとうございます。

Fさま、41歳です。

一番最初の頃、初めての漢方相談は平成21年7月3日からのときです。

Fさま37歳のときでした。

その時の漢方相談の内容は、

「高プロラクチンと、抗体の検査の異常値と、それらに関わっているストレスについて。

6月上旬くらいから。(5月上旬に稽留流産の手術をして、1か月後の診断後から。)

産婦人科。投薬は無し。炒り麦芽を買って、2~3日飲んでみました。

暑がりで汗をかきやすいです。(体調が悪いと一気に冷えを感じます。)

ひどい肩こりがありましたが、治ってきました。

食欲はあり、量は普通です。

便秘と軟便の割り合いは同じくらいです。

たまにトイレに起きます。近い方かもしれません。

眠れます。

夢はほとんど見ません。

(最近は検査の結果が気になり、2~3日あまり眠れない日もありました。)

月経前1週間は、体が重く、イライラしやすいです。

妊娠に向けて、体質改善をしたいと思っています。

今年の5月11日に初めての妊娠で稽流流産となり、子宮内容除去術をし、6月上旬にホルモンなどの検査をして、投薬などをどうするか、検討中です。

ホルモン検査などの結果により、医師からは、高プロラクチンに対して、テルグリド、抗体についてはサイレイトウ、排卵後にアスピリンの服用の提案がありましたが、流産が1回目なので、考えて、服用したいと思ったらまた来て下さいと言われています。」

抗体や高プロラクチン血症に関しまして、婦宝当帰膠や炒麦芽、参茸補血丸、参馬補腎丸などを上手に使って頂きました。

そして平成23年3月20日に無事に女の子をご出産されました。

流産を越えての感動のご出産でした。

土屋薬局からは出産のお祝いのアルバム進呈です。

おめでとうございます!…流産を超えてのご出産で感激でした。」としてコラムも作成させて頂きました。

そしてそれからも婦宝当帰膠や参馬補腎丸などをご愛用して頂いていました。

平成25年1月から2人目も検討中とのことで、炒麦芽や田七人参なども併用していきました。

その年、平成25年5月20日

Fさま40歳のときにめでたく自然妊娠

病院からはヘパリン、バイアスピリンが処方されました。

抗体の活性が高く、MK細胞の数字が高かったそうです。

漢方薬は、引き続き婦宝当帰膠、田七人参、参馬補腎丸も継続して服用してもらいました。

○平成25年6月21日

8週目、つわりがひどくなった。

胃の調子もいま一つ

勝湿顆粒もご紹介しました。

○平成26年2月25日

1月28日に女の子を出産しました。

髪もフサフサで元気な女の子です。

「いろいろと漢方相談にものって頂いたし、漢方のお陰と思っております。」

という嬉しいお言葉を頂戴しました。

「とくに田七人参のお陰で出産できたのでは」という嬉しいお言葉でした。

2人目はすぐに妊娠できて良かったとのことでした。

その後、残暑お見舞いも頂戴しました。

「残暑お見舞い申し上げます。

いつもお世話になっています。

もう山形はすっかり涼しくなっていますね。

おかげ様で、長女、次女ともにすくすく元気に成長しております。

今は、のんびり遊んでいる長女のおもちゃを、次女がすばやく奪いに行く日々です。

大変なこともありますが、2人の子供に恵まれ、たいへんありがたく思っております。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

季節の変わり目、どうぞお体ご自愛下さい」

0161031

<2014年10月31日>

久し振りに昼休みに若木山を登りました。

秋らしい風景で陽射しがあって、とても暖かい感じでした。

0181031

0201031

いつの間にか月山が白い帽子をかぶる季節になりました。

遠い峰の山々が白い帽子でいっぱいになります。

0241031

Fさま、どうもおめでとうごございました。

ご家族みなさまのお幸せを心から願っております。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。