心と体の相談処 土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

子宝を希望のかた、とくに子宮内膜症のかたは朝ごはんから食べましょうね!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

みなさま、お元気でお過ごしでしょうか?

最近は、またコロナが流行ってきて私達の生活にも影響を及ぼしていますね。

引き続き、細心の注意を払いながらどうぞお元気で12月をお過ごしくださいませ。

 

さて最近は以前のように嬉しかったメモ帳を作成しています。

必ずしも良い話ばかりではないですが、頑張ってきたお客様たちです。

 

1)11月30日 月曜日のご挨拶

おはようございます。 11月18日土曜の漢方相談会、子宮内膜症、チョコレート嚢胞、子宮腺筋症の子宝希望のお客様。 おめでたいことに自然妊娠されて14週目も無事に迎えていました。
不妊の内膜症、腺筋症の相談も経験豊富な土屋薬局です。
お困りの方はメールまたは電話でご相談下さい。 ではよい一週間で!
 
2)12月1日 火曜日のご挨拶
おはようございます。 昨日も土曜に続き、子宝相談のお客様が妊娠6ヶ月でご来店、お腹も大きくて感動でした。
仙台での体外受精に向けて漢方で体づくりで胚盤胞凍結でのご懐妊です。
体外受精での漢方での体づくりはお勧めです。
食事や睡眠も大切です。
では本日もよろしくお願い申し上げます。
 
 
昨日は新規のお客様たちなど月曜日ですがけっこう店頭が忙しかったです。
最近はイスクラ婦宝当帰膠が人気ありますね。
1ヶ月服用すると調子の良さがおわかりになるようで継続でのリピートのお客様がいらっしゃいます。
 
漢方とは養生も大切、つまり「よく生きること」が肝腎なのですが、食事の生活習慣もチェックポイントですね。
 
最近、人気のあったツイートです。こちら
 
「胃腸が弱い人は‥
朝、起きれない
風邪ひきやすい
アザできやすい
生理前に足がむくむ
不正出血
声が小さい
生理中に下痢しやすい
めんどくさい
疲れて腰がダルい
食欲がない、小食
食後眠くなる
冷え性
口内炎
 
朝食は食べよう。
穀類、イモ類、豆類などの主食も欠かさず。
旬の食べ物も元気の源です。」
 
こういう体質のかたは子宮内膜症などになりやすいです。
気虚の体質なんです。
ですから、昨日も子宮内膜症の子宝漢方相談のかたで朝ごはんを食べない方がいらっしゃったので、「朝ごはんを食べましょう」とアドバイスしました。
ちょっとした生活習慣、食事や睡眠などから妊活がうまくいくように体質改善していきたいものですね。
 
食欲不振でお菓子ばかり食べている、朝にお腹が空かないなどなど、後から妊娠できる体質になって分かることは、生活習慣、食事や睡眠の改善が妊活に有効だったということです。妊娠したら、もう羊水にいる我が子のためにも(羊水の成分がお母さんの食べるものに影響されるかもしれないから)、スナック菓子やインスタントラーメンばかり食べなくなるでしょ。チョコレートなども控えるようになってくるでしょ。
だから妊娠する前から、妊娠するための食事の準備も早目に始めて生活習慣の改善がお勧めです。やればできる!
 
一般的に疲れやすい体質のかたは、このコラムでは子宝について述べていますが、食事などの体質改善も大切です。
 
1)元気のいっぱい詰まった食べ物、旬のものをたくさんとるように心がける。
 
2)消化がよく、栄養バランスのとれた食事を3食きちんととること。
1週間夕飯を断食するとか、本とかの悪い影響には気をつけてくださいね。
欠食は避けましょう。
薬局に漢方相談に来るかたで可哀想なのは、夫婦で夕飯を1週間食べるの止めましたとか本で書かれたことを鵜呑みにする方がいますのでご注意下さい。
 
3)胃腸が弱いタイプなので、消化吸収を良くするためにも、よく噛んで食べましょう。
 
4)1日のエネルギーを充電するためにも、かならず朝食は食べましょう。
穀物、イモ類、豆類などの主食を欠かさずにとることを忘れずに。
 
5)激しい運動、無理な計画、精神疲労は元気不足のあなたを消耗させるだけ、無理は禁物ですよ。
 
6)睡眠不足に気をつけましょう。十分な睡眠、最低8時間睡眠、休みの日には10時間ぐらいまとめて寝てもいいです。
 

朝ごはんは健康の基本です。

朝ごはんは健康の基本です。

f:id:jdy00247:20201201152317j:plain

2020年11月29日 大石田 銀杏がぱーっと散っていました。

 

痛み、しびれに強い!「こころ」の健康アドバイザー 土屋薬局! 

土屋薬局と薬剤師 土屋幸太郎

2019年11月22日 土屋薬局と薬剤師 土屋幸太郎

「山形県は、東北地方に存在し、冬は雪が降り寒く、夏は蒸し暑いという厳しい自然風土があります。農作業に従事している人が多いので、「痛み、しびれ」を訴える人が多いのが実情です。そのような地域のニーズに応じて、土屋薬局では「痛み、しびれ」の漢方相談を得意としています。


頭痛、肩こり、背中の痛み、肩甲骨の痛み、腕のしびれ、肘の痛み、膝痛、腰痛、坐骨神経痛、リウマチ、五十肩(肩関節周囲炎)などのつらい症状を緩和できるよう、皆様のお役にたてますよう、努力しています。また最近では、不妊症を中心とした婦人科系の子宝のご相談も日増しに多くなっております。


2人目のお子様が授からない、流産を繰り返すなどの不妊の悩み、不育症、体外受精でなかなか授からない、多嚢胞性卵巣、排卵障害、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣嚢腫(チョコレートのう胞)などの器質的疾患や高プロラクチン血症によるホルモンバランスの乱れなどのご相談で実績を上げています。


そのほか、にきび、アトピー、湿疹、肌荒れ、掌蹠膿疱症、乾燥肌、喘息、精神疲労、抑うつ感、漢方ダイエット、耳鳴り、耳のつまり、聴力低下、メニエル、めまい、ストレス、不眠、高血圧、高血糖、糖尿病、痛風、高脂血症、腎臓病、肝臓病、がん、冷え、生理痛、男女更年期障害、免疫力の低下、起立性調節障害、発達障害などのご相談もお気軽にどうぞ。 

 

お客様の立場にたちました、親切丁寧な漢方相談を心がけ、東北にかまえる薬局らしく、土屋薬局は従業員一同、もちの木のように 粘り強く努力してまいります。
当店は、さくらんぼ”佐藤錦”で有名な東根市(ひがしねし)に在ります。
親切第一をモットーとして、親身になって健康について考えます。しっかりした相談で、あなたの悩みも解決します。
健康についてのご相談、商品についてのお間い合わせを承っておりますので、お気軽にお電話下さい。」 

 日本中医薬研究会 会員店紹介より  土屋薬局

  

土曜日の漢方相談会が終わって

2018年11月17日 土曜日の漢方相談会が終わって

旧国道13号線沿いに当店がございます。

地理的には東根市、村山市、河北町、天童市、寒河江市、山形市、仙台市から来店しやすいです。

 

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

漢方体験ドットコム…土屋薬局のお客様体験談です。ぜひご覧になってください。

 
漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。
お問い合わせは、送信フォームもございます。
詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。


所在地 山形県東根市神町中央1-10-7

営業時間 日曜日、祝日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651


仙台方面からのご来店の場合には、お車でのご来店、または仙台駅前の旧仙台ホテル跡の複合商業施設のEDEN前のバス停から「山形新庄行き」48ライナーの山形交通のバスをお勧めしています。さくらんぼ東根駅下車です。1時間に1本あります。約1時間15分です。

さくらんぼ東根駅に到着されましたら、当店のスタッフがお迎えにまいりますので、お気軽に前もってご予約のうえご来店頂けたらと思います。

  

ホームページは 土屋薬局 中国漢方通信

土屋幸太郎のツイッターはこちらです。

twitter.com

今後とも土屋薬局をよろしくお願い致します。