土屋薬局のはてなブログ

土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医師の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。そのような自分たちの不妊体験も活かして誠実に相談に応対中です。土屋薬局は女性薬剤師もおりますので気軽にお越しください。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。

まじめな話、うちの店は「町中華」ならぬ「町薬局」です。

 おはようございます。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

寒さが厳しい今日このごろで三連休、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今日は1月10日、土屋薬局は定休日の日曜日ですが、ひとり私はお店に出社してただいまは漢方薬をメールで相談していて、昨日の土曜日にご注文をいただいかた、ひとりひとりにメールの返信作業中です。

 

有難いことに、土曜日にフルに仕事が忙しいとメールの返信が翌日になります。とくに昨日は平日よりも病院、クリニックの処方箋が舞い込み、「お宅でも調剤できますか?」「うちの社長が土屋薬局、いいよ」と言っていたとか、みなさまクリニックの隣には専属の門前調剤薬局があるというに持ってきてくれます。

いい意味で「土屋薬局マニア」です。

 

父親から妻に世代交代もしていますので、妻や妹もいますが、土屋薬局はいい意味で「優しい雰囲気」になっていますので、時代的にもあっているのかもしれませんね。漢方相談も相変わらずで予約は入らないのですが、みなさま好きな時間に自由に来店されて漢方を購入したり、相談していきます。

まじめな話、うちの店は「町薬局」です。

「町中華」ならぬ「町薬局」です。

 

気道確保!よ、伝道師!玉ちゃん!

といった感じかなあ。

 

昨日は土曜日の雪降る道路もつるつるのなか閉店間際の午後5時55分に関東に引っ越して、そこの町で漢方相談を続けているお客様が久しぶりに来店されました。

実家のお母さん、そしてかわいい2人の子どもたちを連れて。

嬉しいことにいまは大石田の実家に帰省してて、コロナだから2週間たったので土屋薬局に来たそうです。彼女もマニアだなあ。

イスクラ婦宝当帰膠を購入されていきました。

お母様は逍遥顆粒です。

3人めの子宝が欲しいそうです。

1人めの子宝相談のときから応じていまして、結果、2人の子宝。

ご主人さまが自衛隊さんなので関東の基地のまちに住んでいる、家を立てたというわけです。

 

ぜひ願いが叶いますことを心から願っています。

ではでは~よい休日で!