土屋薬局ブログ|子宝相談、痛みしびれ、気になる不調

土屋薬局ブログ。薬剤師・不妊カウンセラーの土屋幸太郎がお届けします。私自身、不妊体験を経て、漢方療法の力で子供に恵まれました。その経験を活かし、皆さんに健康で幸せな家庭を築くお手伝いをしたいと思っています。薬局には女性薬剤師も在籍し、気軽にご相談いただけます。健康に関するお悩み、不妊治療、妊活相談、痛みやしびれに関する漢方相談など、お気軽にご連絡ください。お問い合わせやご予約は☎️ 0237470033までお願いします。一緒に幸せな未来を築きましょう。

子宮内膜症や多嚢胞性卵巣症候群などのご相談が増えてきています。

昨日の1月20日に妊娠がわかり、次回は胎嚢確認とのことで嬉しいお知らせがありました。妻が応対してスタッフも喜んでいました。

体外受精での戻しのときには、胚盤胞で凍結していることが多いだけに、また結果次第は人生が大きくかわるので私達もお客様のご報告は緊張します。

 

最近、満遍なく相談を受けようとしていますが、ここ最近は子宮内膜症や多嚢胞性卵巣症候群などのご相談が増えてきています。

婦人科のお医者さんですと、カウセリングに時間もとれないでしょうから、薬剤師の不妊カウンセラーとしてじっくりと傾聴し、疾患に対するアドバイス、体質改善の漢方のご紹介、そして体質別に食養生などの養生などをご紹介しています。

体質は一般的には、気虚か血虚の2つの体質に分かれますが、子宮内膜症は気虚、瘀血の体質が多く、多嚢胞性卵巣症候群は痰湿、瘀血の証が絡んでいることが多いとされます。

 

以前、初学のときに盛岡で楊暁波先生の婦人科、不妊症のことなど勉強しました。

それからだいぶ時間が経過しますが、このときのメモは時々、みては復習をしています。

 

子宮内膜症のところをみると「子宮内膜症は、気虚、寒凝、気滞がそれぞれ瘀血につながる」とあります。

この楊暁波先生はその後、不妊症部会では教えることがなかったので、とても貴重な講演集となっております。

中医師の先生により考え方、中医学の処方の仕方も違ってくるので、さまざまな先生の処方を知ることは大切です。

 

そんなわけで雪降る土曜日にブログを書いて自分の考え方も整理しました。

 

東根から宮城県の28番の仙台宮城インターチェンジから盛岡まで車で往復して会場で手書きでまとめたメモです。いまだにときどき復習しては参考にしています。中医学は勉強が大切ですね。



今日の土屋薬局の様子をご紹介しましょう。

2023年1月21日 久しぶりに雪が降りました。雪景です。

薬局の駐車場は除雪バッチリです。

 

ツイッターはこちらです。