親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

生理痛がないのがあたりまえ

「生理痛がないのがあたりまえ」 と言われますが、子宝相談のお客様から「妊娠しました!」と連絡がありました。

生理痛が毎回ひどくて2日目が特に辛くて、仕事を休むほどでした。

漢方を続けていて高温期が整ってきて生理痛も和らいだ結果、嬉しい報告につながりました。

寝込んだり、鎮痛剤が必要なほど痛むのはその背景にはなんらかのトラブルが隠れていることも。

冷えを放置していたり、無理なダイエット、ストレスなどで生理と関係深い血(けつ)や気が不足して巡りが悪くなることで痛みがでてしまいます。

 

「毎月のことだから」と生理痛を軽くみていると、痛みを感じていることがすでに病気の一歩手前の「未病」です。

生理期間中、健康的に暮らせないと1ヶ月の約4分の1は生活の質が低下してしまいます。

また婦人科の病気が隠れていたり、不妊につながる心配もあります。

 

生理痛は漢方(中医学)では瘀血(おけつ)です。

瘀血の原因は血虚、気虚、陽虚に気滞などが絡みます。

血虚は偏った食事により全身に栄養や潤いを与える血が不足した状態です。

気虚はストレスや冷たい飲食物でエネルギーである気が不足した状態です。

その影響で血を押し出す力が不足して瘀血(おけつ)になります。

 

陽虚は薄着をしていたり、足首や膝など下半身を冷やしていたり、冷たい飲食物、サラダ(生野菜)、スムージー、生物など食べ過ぎているとお腹から体全身が冷えます。

これらの状態が続くと血の巡りが悪くなる瘀血を招き経血をスムーズに押し出せず、痛みにつながります。

生理痛が辛い瘀血は、子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫などの病気とも関係が深いです。 女性にとってまさに瘀血は大敵です。 瘀血(おけつ)は放置しないようにしていきましょう。

 

こんな生活が瘀血を招く!

チェックポイント

□疲れがたまっている

□ストレスが強い

□薄着が多い

□冷たいものが好き

□無理なダイエットをしている

□外食が多く、栄養バランスが悪い

 

生理痛、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、不妊など瘀血の体質改善、土屋薬局までご相談お寄せください。

 

f:id:jdy00247:20200930115426j:plain

2020年9月29日 コルチカム、今年も綺麗に咲きました!