心と体の相談処 土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

子宮内膜症でチョコレート嚢胞の漢方相談。生理痛も軽減!

昨日に漢方相談にご来店されたA子さまの舌ベロを見ましたら、色が薄い「痰(たん)」という色に、(淡い貧血のような感じの色です)、舌の横側に「淤斑(おはん)」がありました。

 

 

「淤斑(おはん)」とは、色が暗い感じで、舌に「シミ」になっている感じです。

 

 

生理以外の下腹部痛や、排卵痛、また生理前の下腹部痛などが起こりやすいです。

 

 

子宮内膜症や卵巣嚢腫、卵巣チョコレート嚢腫のときもあります。

 

 

舌ベロに「淤斑(おはん)」があるときには、からだにもそれ相応の「淤血(おけつ)」があることにつながります。

 

活血化淤(かっけつかお)といって、血液の汚濁を解消し、流れをスムーズにすることが原則です。

 

 

淤血(おけつ)の三大特徴は、

 

 

1)痛み

 

2)しこり

 

3)黒ずみ

 

 

です。

 

 

月経血の色が暗い感じで、塊(血塊)もあるのも淤血(おけつ)と考えます。

 

 

舌の色が「痰(たん)」なのは、血虚(けっきょ)で、これは「補血(ほけつ)」とか「養血調経(ようけつちょうけい)」で

血液を養って、補っていくことが大切です。

 

 

ですから、舌の色が「痰(たん)」で、「淤斑(おはん)」があるかたの場合には、血虚(けっきょ)と淤血(おけつ)の2つの「証」のミックス、複合体になります。

 

対策は、養血調経(ようけつちょうけい)と活血化淤(かっけつかお)を同時に平行します。

 

 

 

 

 

最近の漢方相談の著効例では、子宮内膜症の手術でレーザーで焼いた方で、卵巣チョコレート嚢胞もあったかたです。

 

 

B子さんと呼びます。

 

 

B子さんは、ふだんから下腹部痛があり、下腹が重い感じです。

 

 

ズキズキします。

 

排卵痛も生理痛と同じように、かなり痛いそうです。

 

 

生理は、暗紅色で、血塊が多いです。

 

 

最近は、月経の経血量も減ってきています。

 

 

冷房で体が冷えます。

 

とくに冬は体が氷のように冷たくなります。

 

下半身も冷えやすいです。

 

 

当店からの漢方処方は、

 

 

1)血流たっぷりの補血(ほけつ)の漢方薬

 

2)ピクノジェノール含有の方剤

 

3)水蛭(すいてつ)製剤

 

 

の3つで「全周期活血化淤(ぜんしゅうきかっけつかお)」をメインにしました。

 

 

 

昨日のB子さんからの連絡では。

 

 

1)経血の色がきれいになった。

 

量は変化なし。

 

 

2)生理のとき以外の普段の下腹部痛がまったく無くなった。

 

 

とのことで、驚くべき著効でした。

 

 

これは、鎮痛剤だけではこうもいかないので、まさしく「中医学の漢方の効き目」があったと考察されます。

 

 

活血化淤(かっけつかお)の漢方方剤をメインにすると、なかなか素晴らしいと思う今日この頃です。

 

 

不妊に対しても、もちろん「下腹部痛や排卵痛、生理痛の軽減」は漢方としてはかなり有効で、今後に大いに期待できます。

 

 

生理痛(月経困難症)を和らげよう!…子宮内膜症、チョコレート嚢腫、子宮腺筋症の漢方、漢方薬

 

漢方は女性の生理痛、生理不順に絶対おすすめ!/生理痛や生理不順の漢方薬」もよろしくお願い致します。

 

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬こちらのスレッドも参考になりましたら、幸いです。