土屋薬局ブログ|子宝相談、痛みしびれ、気になる不調

土屋薬局ブログ。薬剤師・不妊カウンセラーの土屋幸太郎がお届けします。私自身、不妊体験を経て、漢方療法の力で子供に恵まれました。その経験を活かし、皆さんに健康で幸せな家庭を築くお手伝いをしたいと思っています。薬局には女性薬剤師も在籍し、気軽にご相談いただけます。健康に関するお悩み、不妊治療、妊活相談、痛みやしびれに関する漢方相談など、お気軽にご連絡ください。お問い合わせやご予約は☎️ 0237470033までお願いします。一緒に幸せな未来を築きましょう。

月山と葉山

昨日眺めた「若木山(おさなぎやま)」に今日の昼休みに登りました。

本日は、昨日の曇り空から一転して「晴れ」。

「晴天」です。

Imgp0048061028

午前中は新規のお客様たちの相談で忙しかったのですが、

昼休みで気分転換です。

庄内地方から電車で乗り継いで来たお客様もいて、

ある意味「電車旅」は私も好きなので、羨ましかったです。

やはり移動する時間を楽しめるという「意識の違い」でしょうね)

久しぶりに若木山を登ります。

登るといっても、小さい山ですから、

すぐに頂上になります。

Imgp0051061028

紅葉している木々の間からは、月山と葉山連邦が眺められます。

私の好きなシンボル的な風景です。

Imgp0059061028

私たちの心の故郷「葉山連邦」です。

やはり東根、村山の風景といえば「葉山連邦」。

雲が沸き立っています。

葉山も雪降る前に紅葉がきれいなようです。

Imgp0062061028

独特な形をした「甑岳(こしきがだけ)」です。

俊鋭(しゅんえい)という表現が似合うと思います。

手元に見える白い建物たちは、

東根工業団地です。

Imgp0066061028

出羽三山の名峰 「月山」です。

手前に見える横に伸びるアスファルトは、

山形空港の飛行場です。

昨日は、そこの屋上から撮影していた訳です。

今日は、「我、若木山に立つ」です。

ほんとにいつ眺めても、高いところからの眺めは気持ちいいものです。

昨日の「山形空港にて」では、民間の飛行機と自衛隊さんのヘリコプターの画像がありましたが、戦時中に日本海軍がこの地に特攻機地を作ろうとして、そのまま終戦となり、進駐軍がやって来たからです。

つまりは、海軍の飛行場は、米軍から今は民間の「山形空港」へ。

そして進駐軍の跡地には、「陸上自衛隊第六師団」が置かれていますので、

私の住む町は、「飛行場」と「自衛隊」の要所があるという訳です。

Imgp0069061028

ここは、反対側 つまり東側を撮影したところです。

右手の四角い建物たちは、陸上自衛隊第六師団。

向こうの山並みは、奥羽山脈

あの山向は、仙台で太平洋が広がります。

眼下には、さくらんぼ畑のテントが立ち並びます。

Imgp0072061028

それにしても月山はいいですね。

中国に行く前に、故郷の景色を眺めたいと思い、

若木山に登りました。

(飛行機が落ちたり、パスポートを無くして帰れなくなるかもしれませんから。。)

岩木山岩手山と比べると、

月山は女性的な感じでしょうか。

「陰」と「陽」でいえば、「陰」かな。

(「陰陽」の「陰」とは、お月様に象徴されるように、

「丸い」「穏やかな」という「女性的な美しいイメージ」を指します)

Imgp0073061023

それにしましても、いい眺めですね。

まさに「雲沸き立つ」です。

こういう雲を見ていると旅情が沸き立つというか、

そういえば、中国はこの雲の向こうの西側にあるんでした。

明日、がんばって準備しよう。