ブログ版土屋薬局 中国漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの10年間の不妊体験を活かしてお客様の相談にあたっています。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、ぜひご相談ください。また育児の悩み、痛みしびれ、耳鳴りなども。ご予約のうえご来店または電話相談0237470033またはツイッターのDMまたは漢方相談表、子宝相談表のフォームをご利用下さい。

紀宝町のみかん

Dscf1282kihouo

今朝も、おばあちゃんの「はなれ」に行き、

先ほど線香を先祖にあげてきました。

「唱和の心」でございます。

さて、今朝のおばあちゃんは、

みかんを大事そうに持っています。

私がウミガメ公園で購入してきた「みかん」が、

過去の人生で一番とおいしいそうです。

だから、大事に食べているとのことでした。

実は、私も人生生きてきたなかで、

一番とおいしい「みかん」でした。

フレッシュで「酸味」と「甘み」が調和し、みずみずしいです。

噛むと、じゅわーと「みかん」の果汁がお口いっぱいに広がります。

だてに、「ウミガメ公園道の駅」で、大勢の人が「みかん」を購入して

いた訳ではないことを、紀宝町の「みかん」の実力を知ったのでした。

昨日は、2歳の甥っ子にも「みかん」を食べさせたのですが、

「うまいべ」と言ったら、やはり「おいしい」と言っていました。

(2歳の甥っ子は、標準語なんです)

当店のスタッフにも、家族にも、そして妹たちにも好評で

私も嬉しいです。

おまけに、今は夕食は沼津の小島晃先生から贈られてきた

「沼津最高のあじ」も食べています。

骨まで、バリバリに食べられます。

ああ、幸せです。

さて、私はすっかりと紀伊半島のファンになってしまいました。

那智勝浦の夏山(なっさ)温泉は、また春や夏などの

違う季節に泊まってみたいですし、今度は

ゆっくりと周囲を観光してみたいです。

気候も温暖で、地元の人たちも

おっとりとしていてやさしくて、食べ物もおいしいので

気に入ってしまいました。

東北、関東甲信越とは、また違った魅力です。

和歌山県に連れていって案内してくれた

「関西支部長」の友人Sさんに感謝するとともに、

目を閉じれば、私の脳裏には「熊野灘の透き通った水平線」が浮かんできます。

「ウミガメやクジラにも会いたいなあ」と空想していたら、

そういえば私は「クジラ島の少女」などの映画も好きだから、やはり海が好きなんだろうなあ、、と今更ながらに「自己分析」しています。

海のトリトン」に憧れた幼少の記憶は、

やはり私の心を海辺へと誘うのでしょうか。

Dscf1284kihou

Dscf1285kihoi