親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

PCOSで体外受精。凍結融解胚を戻す子宮内膜が厚くならずキャンセルに

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋です。

先週の漢方相談会は、近県と関東からのお客様のカップルが来店されました。

1組は、PCOSで体外受精を実施後、凍結融解胚を戻すにあたり、子宮内膜が厚くならず、キャンセルになった方のご相談。

もう1組は、おりもの、不正出血が慢性化している相談でした。

かなり専門的に特化した相談ですが、それぞれのカップルのお客様も喜んで帰路に着きました。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)のお客様は、エストラダームを3枚貼ってても、子宮内膜が5ミリで厚くならなかったそうです。

PCOSですから、採卵のときにも卵巣が腫れてしまい、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)になったこと。

次回は、自然周期で戻していくとのことでしたので、胃腸も悪い傾向にありますので、方針としては、

1)養血調経(ようけつちょうけい)

生理のリズムを整えて、女性に大切な血(けつ)を整えること。

2)消食導滞(しょうしょくどうたい)、疏肝健脾(そかんけんぴ)

胃腸を保護して、同時にストレス対策、基礎体温をきれいにすること。

3)補腎精(ほじんせい)、補陽(ほよう)

生命のエナジーを高め、体の冷え性を解消してお腹を温めていくこと。

舌ベロは、尖(さき)のほうが赤みがあり、ストレスによる心熱(しんねつ)。

少し歯型がついていて、胃腸も弱そうな感じでした。

子宮内膜が厚くなり、生理の周期も整って、凍結融解胚戻しが成功して頂きたいと願っています。

もう1組のかたの、「おりものが多い」「不正出血」の相談は、基礎体温と舌ベロを参考にしまして、一生懸命に考えました。

20代のかたですが、高校時代から「おりものが多い」「不正出血」を繰り返しています。

その都度、「おりもの」には、クラビッド、クロマイ膣錠。

「不正出血」には、ブロベラ、プレマリン、温経湯などが処方されていました。

舌ベロでは、舌の色が淡い感じで、きゃしゃな感じの気血不足(きけつぶそく)。

そして苔が白くて厚い感じでした。

痰湿(たんしつ)です。

胃腸が弱くて、過剰な水分の老廃物が溜まるので、「おりもの」の湿邪(しつじゃ)の特性として、下方に向かいますので、慢性的な「おりもの」に悩まされるようになります。

胃腸が弱いことは、同時に、脾胃(ひい)の摂血(せっけつ)機能、統血(とうけつ)機能が弱まるので、これも慢性的に不正出血を引き起こしやすいです。

漢方の対策は、

1)養血調経(ようけつちょうけい)

2)益気健脾(えっきけんぴ)、滲湿止瀉(しんしつしゃ)

→おりものを減らす漢方です。

舌ベロの白い苔が減ってくれば、効き目が上がってくるはずです。

3)お花の漢方

お花を集めた女性らしい漢方で、にきびや膀胱炎、カンジダなどにも効き目があります。

「おりもの」対策にお勧めしました。

「おりもの」「不正出血」に漢方が効いてくれればの一念です。

<まとめ>

体外受精においては、凍結融解胚戻しの段階からでも漢方相談可能ですし、また子宮内膜が厚くならない相談にも有効です。

「おりもの」「不正出血」は、中国漢方(中医学)では、系統的に治す手順が確立されていますので、お悩みのかたは当店にご相談してください。

最上川三難所 「隼の流れ」

<2008年1月27日 最上川三難所 「隼の流れ」>