親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

性感染症の漢方

こんにちわ、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

ココログのメンテナンスが終わりましたので、

そろそろ業務も終わりですが、書き込みたいと思います。

昨日は、店頭の漢方相談では、「性病になりやすい」

「コンジローマが3回再発していて、また最近も4回目が再発しそう」とのことで、

新規のお客様の相談がありました。

痒みがあるそうで、舌ベロを見せてもらいましたら、

舌の奥には白い苔が厚く付いていました。

患部に痒みがあるそうです。

これは「下焦湿熱(かしょうしつねつ)」と言って、

陰部や下半身に症状が出やすいのです。

漢方でも、このような解毒効果を期待するものとしては、

「温病(うんびょう)」の分野と言われ、従来は、日本の漢方では

対処するすべも無かったのですが、

当店は「効き目の良い・中医学」を実践しておりますので、

最近はそれも相談が可能になってきました。

ですからでしょうか、最近は、「カンジダが慢性化して治らない」など、

従来の当店の漢方相談のスタイルとはまた違った相談内容が

少しずつ増えてきているようです。

地球温暖化」が言われて久しいですが、

私たちの体の中も「温暖化」「加熱」してきて、

炎症が出やすいのかもしれませんね。

昔の時代でしたら、寒い時代でしたので、

ただ体を温めれば、たとえば葛根湯(かっこんとう)や麻黄湯(まおうとう)の

ように、汗をかかせて病気が治っていたのですが、

今からの時代は ストレスや地球温暖化でオーバーヒート化している。

私たちの体を冷ますことも求められるようになったんだなあ、

時代が移り変わっているんだなあ、とシミジミ思った漢方相談でした。