土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

リウマチによる膠原病で不妊症。漢方薬でリウマチが良くなり妊活2ヶ月で妊娠出産!

おはようございます。 

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 

2010年8月5日のメールマガジンより。 

山形は朝晩はしのぎやすく、だいぶ涼しくなってきました。

 

 

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●  1.巻頭コラム 『生活習慣を改善し、前向きな気持ちで日々の生活を送れば…』

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Kさまより掲載許可を頂きましたので、コラムを作成させて頂きました。

Kさまは、当初からリウマチによる膠原病とのことでご相談でした。 

リウマチの膠原病の漢方薬を服用しつつ、症状が緩和されて漢方薬で妊活。

ご懐妊、ご出産となりましたので嬉しい限りです。

 

 ○平成18年8月29日 

Kさま 33歳  

関節リウマチによる膠原病、自己免疫疾患です。 

膝が痛みます。膝痛です。 

関節が痛むこと、だるさに悩んでいます。 

平成14年から整形外科に通院中です。 

体調が悪い時にはメカブやサトイモなど粘り気のあるものを食べると全身に蕁麻疹がでます。 

汗をかきやすいです。 

めまいは少しあります。 

腸にガスが溜まっているようでお腹が張ります。 

下痢しやすいです。 

周期→30日 

実家のお母さんもリウマチで痛がっています。 

土屋薬局からはリウマチの漢方薬をお勧めしました。 

このリウマチの漢方薬は女性のかたの体質改善にもとても役立つものです。 

免疫力が向上します。 

その後は、きちんと継続していきました。

 

○平成19年1月19日

リウマチの漢方薬を服用したり、もろみ酢を飲んだり、ロキソニン、プレドニンなどを服用したりしていますが、炎症がでるときには38℃くらいの熱になります。 

同じリウマチの漢方薬に胃腸が丈夫になる漢方もご紹介 

 

~ 

 

そして

 

 ○平成22年6月25日 

こんばんは。以前にリウマチの漢方薬を土屋薬局さんから購入していた者です。 

おかげさまで膠原病の自己免疫疾患のリウマチがよくなり2009年3月には赤ちゃんを出産! 

お陰さまで無事に妊娠出産できました。 

現在子育て中です。 

産後も痛みは少なかったのですが、最近やや痛みが増している感じでもう一度漢方をやってみたいと思っています。 

 

○平成22年6月29日 

全く問題ございませんのでコラム使ってくださいませ。 

今考えてみると、やはりリウマチの漢方薬を飲んでいたころに急に体調が良くなり、検査値も上向きになって薬を減らし、産婦人科で不妊症治療のタイミング法を試みる気持ちになれたんだと思います。 

病院で排卵日を測定してもらうようになって妊活2ヶ月で妊娠できたのは本当に幸せなことだと思います。 

リウマチは最近では自然療法等で治る病気だといわれるようになって来ました。 

生活習慣を改善し、前向きな気持ちで日々の生活を送ればもっともっと元気に楽しく生きていけるしリウマチも治る! 

そういう考えを持つと、もう半分くらい治ってきているようにも感じる訳です。

  

最後の文章は、なるほど!と勉強になりました。 

今後ともリウマチの症状が寛解したまま、順調にお過ごしになって頂きたいです。 

Kさま、このたびはまことにおめでとうございました。 

 

漢方早わかり/リウマチの漢方療法の紹介」こちらも参考になりましたら、幸いです。 

薬剤師、不妊カウンセラー 土屋幸太郎

 

Kさまにお贈りする写真です。 

「大石田川前観音からの眺め最上川」 

大石田川前観音からの眺め最上川 

大石田川前観音からの眺め最上川

<2010年8月8日 大石田川前観音> 

 

大石田川前観音からの眺め最上川

 

大石田川前観音からの眺め最上川

 

大石田川前観音からの眺め最上川大石田川前観音からの最上川眺めです。

雄大な流れのようにお子様が元気に健やかに育っていって頂きたいです。

Kさまご一家のご健康とご多幸を祈念申し上げます。

このたびはおめでとうございました。