土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

口内炎と子宝漢方

昨日、新規のお客様が来店されまして、ふたたび口内炎もあって子宝を。

というようなご相談でした。

最近は口内炎のお客様が多いです。

ちょうど先週に口内炎ができなくなって漢方服用して1か月でご懐妊されたお客様がいらっしゃいましたので、なにか続いているなあという感じがします。(→「口内炎と不妊漢方」)

私の中で口内炎に対しての意識ができたのかもしれませんが、慢性の口内炎があれば、食事も満足することができなかったり、ひりひりと不快な思いをしますので、健康の基本は食事と胃腸ですから、口内炎もターゲットにすることは方針としては間違っていないと思います。

さてカップルでいらっしゃったお客様の舌ベロの尖は真っ赤でイチゴのような色をしていました。

苔は白くて厚めです。

舌の尖の部分は「心(しん)」の部分に相当し、ここが赤いということは「心熱」「心肝火旺」などで体にいらない熱の炎症があることを示唆します。

基礎体温はギザギザになりやすく、ストレスが過剰になっているときもあります。

夜は夢が多かったり、眠りづらいときもあったりすることがあります。

そこのところを上手に解消しながら、気持ちを和らげて、仕事のストレスも楽になって本来の自分らしさを取り戻せるような漢方をお勧めしました。

ご主人様のほうはお酒をたくさん飲まれるので、生活習慣の改善をお勧めしました。

奥様曰く「連れてきて良かった」とニッコリでした。

今日は2月15日ですので、毎月2回、5日と15日にメールマガジンを刊行しています。

今日も発行させて頂きました。

ちょっとWEB上に載せずらい情報などはメルマガで流していますので、興味があれば読者登録お願いします。

土屋薬局 中国漢方通信 メールマガジン

Imgp1065110127

<平成23年1月27日 子供たちのそりの跡 若木山公園>