子宝漢方で不妊解決!妊娠出産|土屋薬局ブログ|山形県東根市

薬剤師、不妊カウンセラー、日本不妊カウンセリング学会員の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、子宝漢方は病院の治療に併用でき、妊娠のチャンスを増やします。ぜひ未来のあなたの環境を劇的にかえてみませんか?真剣に相談対応します。相談無料、秘密厳守です。安心してご相談下さい。来店または電話相談0237470033または漢方相談表、子宝相談表で

福島の美しい風景と八重洲の降雪

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

首都圏のみなさまは雪が降って大変だったことと思います。

ここ山形でも雪を耐えながら、春を待ち望んでいる毎日です。

さて昨日の1月15日に土屋薬局 中国漢方通信のメールマガジン第201号を発行しました。

毎月2回、5日と15日にメールマガジンを皆様のお手元にお送りしています。

タイトルと編集後記を紹介させて頂きます。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●  土屋薬局 中国漢方通信 メールマガジン 

vol.201 2013・01・15 

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご購読ありがとうございます。

メールマガジンは、土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン

のメンバーに登録を頂いた方にのみ、送信しております。

誠に恐れ入りますが、配信アドレスの変更、配信停止(メンバー退会)は

お客様自身でお手続きくださいますようお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して

発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000139327.htm

発行者Webサイト: http://tutiya.la.coocan.jp/mail-maga.htm

----------------------------------------------------------------------

● このメルマガの内容とは

最新の中国漢方情報とスタッフの日常や近況を綴っております。

● 目次

1.巻頭コラム 「妊活。基礎体温がガタガタで心配でしたが、子宝漢方服用後に胃腸も良くなってご懐妊、ご出産となりました。」

2.ハッチ日記 177話 「今年もスケート教室に参加します」

3.スタッフより 「“卒業式へ向けてのカウントダウンが始まった”」

4.『とってもためになる!中国漢方セミナー201』

  

   ★『関節痛、腰痛、神経痛・・・ 辛い痛みをやわらげる』の巻★

5.編集後記 「雪の東京出張から帰ってきました。」

●お知らせです。

「メルマガでもっとお役に立てる情報を発信したいと思いますので、

日ごろから疑問に思っていることを教えてください。

あて先は、こちらへ  <JDY00247@nifty.com>です。

ツイッターは、http://twitter.com/tutiyakです。

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●  5.編集後記 「雪の東京出張から帰ってきました。」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日、一昨日と日本中医薬研究会という中国の漢方薬

中成薬を取り扱っている会員グループの全国地区会長会議が東京で開催されました。

今年から南東北中医薬研究会の会長になりましたので、

宮城県福島県山形県漢方薬局の先生方を代表して上京してきました。

まる二日間、缶詰め状態でしっかりと会議をしてきました。

あまりトップに立ったことはないので若干、緊張しましたが、

顔馴染みの先生方も多くて面倒を見て頂き、無事にミッションを完了できました。

昨日は午後1時に終了となり帰路を急いだのですが

八重洲のビルを出てからは「雪、雪、雪」で

ビチョビチョした重い雪で普通の靴でしたので

とても難儀しながら泣きそうな感じでやっとの思いで東京駅に着くことができました。

運よく山形新幹線つばさは10数分遅れでも出発できて、

さくらんぼ東根駅には5分ぐらいの遅れで帰ってこれてホッとしました。

いつも一緒にいる妻とは今回は別行動の連休だったのですが、

雪が降り続く中、妻の車が駅に迎えに来てくれて

妻の顔を見れたときにはホッとして帰ってきたんだなあと改めて実感することができました。

山形新幹線つばさの車窓からパチリ

<2013年1月13日 山形新幹線つばさの車窓からパチリ>

雪の山形を抜け出すと福島では広大な景色が待っていました。

実に美しい山並みです。

山形新幹線つばさからの車窓の風景

山形新幹線つばさからの車窓の風景

山形新幹線つばさからの車窓の風景

帰る日の画像です。

東京八重洲の降雪の模様です。

東京八重洲ブックセンター前

<2013年1月14日 東京八重洲ブックセンター前>

びちょびちょした重い雪で長くつを履きたくなりました。

ひどい寒さで泣けました。

東京駅ホーム。山形新幹線つばさの連結部

<東京駅ホーム。山形新幹線つばさの連結部>

無事に大雪の中、大宮、宇都宮、郡山、福島もみな大雪のまさに一面の銀世界をつばさが走り、無事に帰宅することができました。

感慨深かったです。