土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

鎮痛剤が効かなかった右かかとの痛みが漢方薬の服用で和らぎました

こんにちは。 

痛み、しびれにつよい!土屋薬局の薬剤師、土屋幸太郎です。 

山形は今日は朝から大雪です。 

大雪にも関わらず、地元のお客様たちが来店されまして、多嚢胞性卵巣症候群や、生理周期を整えるアンチエイジングのような美容にも良い月経周期調整法など、忙しく漢方相談しています。 

雪降る中で、東京出身のお客様と高円寺の話題で盛り上がったり、看護師さんとは病院の話などで盛り上がったりしました。 

外は寒くても、中はホットなお店を目指したいです。  

明日から3連休の方も多いと思います。 

良いクリスマス前の休みになりますように。 

さて今日は右かかとの痛みが漢方相談で良かったお話です。 

かかと

かかとの痛み、漢方相談で解消しましょう!

 鎮痛剤が効かなかった右かかとの痛みが漢方薬の服用で和らぎました

 

// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●   「右かかとの痛みが和らぎました」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お客様の掲載許可を得まして、コラムを作成させて頂きます。 

 

○平成25年3月13日 踵(かかと)の痛みの漢方相談  

50代の男性のかたです。 

2か月前から「右足かかと」の底部が針で刺したような激痛(1秒程度)に襲われます。 当初は1日数回程度でしたが、最近は1日十数回、不規則に突然やってきます。 

特に夜寝るときに繰られると、飛び起きるぐらい痛く、その晩はほとんど就寝できない状況です。 

体を横にしたときに一番 「右かかと」に痛みが出やすいような気がします。 

あとは立っているときや座っているときも不定期に痛みがきます。 

歩行している時が一番、痛みが出にくいです。 

押さえたりついたりしても痛くありませんし、腫れもありません。 

多分、神経から痛みが来ていると思います。 

セレコックス、ロキソニンは効きません。 

昨日、トラムセット配合錠、ノイロトロピン錠4単位、ボルタレンサポ50ミリを処方され、これはかなりきつい薬なので、これで効かなければ、外科的な措置も考えるとのこと。 

腰のMRIやレントゲン、かかとのレントゲンを撮っても異常ありませんでした。 

鍼、灸、電気治療も効果なし。 

多分、かかと底部が炎症を起こしているとのこと。 

激痛が来ると飛び起きてしまい、それ以降眠れませんので、仕事に支障がでる状況です。 

突然、不意に痛みが来るので正直、精神的につらいです。 

当店からは「右足かかとの痛み」対策として漢方薬3種類をお勧めさせて頂きました。 

独歩顆粒+5つの漢方生薬で踵の痛みに効果のあるもの+血液サラサラの漢方薬 

 

○平成25年4月4日 踵(かかと)の痛みの漢方相談 

まだ整形外科で処方されたトラッムセットとノイロトロピンは飲み続けていますが、3月19日から3種類の「かかとの痛み」の漢方薬も飲み始めて、痛みがほぼ消えてきました。 

でも、また少しだけ再発しました。 

ということはまだ完治していないということでしょう。 

せっかく、10日間も痛みが取れたので、すごくほっとしていたのですが、現実は「かかとの痛み」にはまだ甘くないようです。 

もう少し、長期戦で治療することにします。 

同じ漢方薬─独歩顆粒+5つの漢方生薬で踵の痛みに効果のあるもの+血液サラサラの漢方薬─を続けていきます。 

 

○平成25年5月 踵(かかと)の痛みの漢方相談 

お陰様で足の状況は改善してきています。 

まだ消炎剤(鎮痛剤)は服用して、担当の先生からは「まだ長い目で見なければならないよ。」と言われていますが。 

 

○平成25年6月 踵(かかと)の痛みの漢方相談 

「かかとの痛み」はおかげ様で今、引いています。 

ということで、「かかとの痛み」の経過が良くて大変に嬉しく思いました。 

今後ともお客様の苦痛を取り除くようなお手伝いができる漢方相談をしていきたいです。

 

令和元年9月20日追記です。

かかとは腎のエリアになります。

腎とは五臓の腎であり、現代医学の泌尿器系や生殖器系、ホルモン系なども含み、骨や関節などの体の奥深くの痛みの場合には、痺証では腎まで症状が及んで病が深くなっていると考えます。

筋肉痛などは、浅い部位なのですが、股関節やかかと、関節、骨などの深い部位はそこまでに到達するような漢方生薬を選んで症状の改善を目指していきます。

 

テーマは補腎で足腰、かかとを丈夫に強化すること、そして活血化瘀で血流を改善すると漢方薬の痛みしびれを和らげる働きにも動きがでてきます。

血流改善もとても大切なことです。

もう一つは経絡を通すことです。経絡を通せば、血流を通すのと一緒で「通じざればすなわち痛む」で痛みやしびれが和らぎやすいです。

 

お客様の症状が改善してとても嬉しく思った次第です。

痛み、しびれの相談、お悩みのときには土屋薬局までご相談をお寄せくださいね。

 

大日様眺め

<2013年12月17日 東根市> 

家の近所の大日様に登ります。 

雪が2~3日続いて久しぶりに晴天の青空でした。 

大日様眺め 

大日様の冬景色

朝日連峰方面です。

朝日連峰方面です。 

この日はあいにく、月山や葉山は眺められませんでしたので、山のほうは雪で吹雪いていたようですから、街の風景を写します。 

 

神町中学校、大盛工業団地方面を眺める風景

こちららは神町中学校、大盛工業団地方面を眺める風景です。

奥羽山脈の景色が実に美しいですね。

 

痛み、しびれに強い!

山形県は、東北地方に存在し、冬は雪が降り寒く、夏は蒸し暑いという厳しい自然風土があります。

農作業に従事している人が多いので、「痛み、しびれ」を訴える人が多いのが実情です。

そのような地域のニーズに応じて、土屋薬局では「痛み、しびれ」の漢方相談を得意としています。
頭痛、肩こり、背中の痛み、肩甲骨の痛み、腕のしびれ、肘の痛み、膝痛、腰痛、坐骨神経痛、リウマチ、五十肩(肩関節周囲炎)などのつらい症状を緩和できるよう、皆様のお役にたてますよう、努力しています。

また最近では、不妊症を中心とした婦人科系の子宝のご相談も日増しに多くなっております。

 

<漢方相談の説明です>

漢方のご相談方法は、漢方相談表、またはファックス電話で受け付けています。

 詳しい漢方相談の方法はこちらからで説明しています。  

所在地 山形県東根市神町中央1-10-7

Google mapによる所在地 

営業時間 日曜日、祝日お休みです。 

平日 午前8時~午後7時  土 午前8時~午後6時 

メールアドレス JDY00247@nifty.com 

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651