土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。不妊、不育でお悩みのかたぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。一緒に頑張りましょう!

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン通算245号発行しました!…今日の午前中は2人目希望だったお客さま、めでたく20週目になるとのことでした。

こんにちは!

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日の午前中は2人目希望だったお客さま、めでたく20週目になるとのことでした。

今年の2月から、クロミッドデュファストンのタイミング療法でした。

こういうときの漢方の併用、周期療法を合わせていく場合には活血化淤(かっけつかお)をメインにしていくとうまくいくことが多いですから、婦宝当帰膠、子宮内膜をふかふかにして卵の質を良くする補腎薬、弓帰調血飲第一加減、+活血化淤とお勧めしてめでたく8月に妊娠7週目が分かり、いまも順調です。[E:confident]

もう1人のお客様は、チョコレート嚢腫3センチだったのですが自然妊娠されかたです。

子宮内膜症でチョコレートのう腫で母娘2人の来店が赤ちゃん連れの3人でのご来店になりました。

ちょっと基礎体温が高めですから2人目を目指すには、まずは初回は「交通整理」。

そして気持ちが落ち着いてきたら、基礎体温を落ち着かせていきましょう!

とお話しさせて頂きました。

今後ともうまくいって頂きたいです。

さて

土屋薬局メールマガジンの紹介です。

毎月、5日と15日にスタッフや妹と力を合わせてメールマガジンを作成しています。

子育て日記など兄の私も読んでいて、甥っ子たちの成長が手に取るように分かって楽しいです。

さて、みなさまのお陰様で、11月15日(土曜日)に無事に第245号を刊行できました。

今回の内容は、以下の通りです。

ぜひメールマガジンに登録してください。

ためになる情報がいっぱいです!

こちらです。→http://archive.mag2.com/0000139327/index.html

[E:confident]

 // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●  土屋薬局 中国漢方通信 メールマガジン 

vol.245 2014・11・15 

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご購読ありがとうございます。

メールマガジンは、土屋薬局 中国漢方通信メールマガジンのメンバーに登録を頂いた方にのみ、送信しております。

誠に恐れ入りますが、配信アドレスの変更、配信停止(メンバー退会)はお客様自身でお手続きくださいますようお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000139327.htm

発行者Webサイト: http://homepage1.nifty.com/TUTIYA/mail-maga.htm

----------------------------------------------------------------------

● このメルマガの内容とは

最新の中国漢方情報とスタッフの日常や近況を綴っております。

● 目次

1.巻頭コラム 「今は初めての育児に毎日四苦八苦しておりますが、可愛いのでがんばっちゃいます!!(当たり前ですね)」

2.ハッチ日記 「広島に行ってきました~。」

3.スタッフより 「娘の学校では、選挙戦の真っ只中!!」

4.『とってもためになる!中国漢方セミナー245』

  

   ★『血の巡りは健康の要』の巻★

5.編集後記  「おかげさまでカンジダの再発もなく、快適な毎日です」

[E:confident]

私の漢方相談の仕事のほうは最近は流産防止、流産後の漢方相談に力を入れています。

何少山先生の本では、流産後を4つに分類しています。

Img_19310905

<2014年9月5日撮影 この本を読んでいますと不妊症や子宝の漢方相談、子宮内膜症や腺筋症の漢方相談がストロングになります。中身は中医学の本ですから全部漢字です。中国語の漢字ですが、中国人の方にも台湾人の方にも「難しい本を読んでいるのですね!」とビックリされます。台湾出身の方で台湾の漢方よりも私の漢方のほうがいいとおっしゃってくださるお客様もいて有難いことです。>

1)淤阻胞宮

2)腎督損傷

3)肝鬱血滞

4)痰淤互結

そのほかに仙台での南東北中医薬研究会の定例会で行われた楊先生の講義メモも、流産後の漢方相談に役立ちます。

「流産後は心の熱をつくらない、気の流れをスムーズにする。

理気活血が大事

次の妊娠まで早く体調を整えることが漢方が役立つこと」

心の熱とは、心熱(しんねつ)のことでイライラ、眠れないことです。

[E:confident]

0151112

<2014年11月12日 東根市若木山>

0161112

夕焼けが若木山を包み込みます。

0171112

月山も日暮れていきます。

0181112

これから晩秋となり、冬を迎える季節になっていきます。