土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

尿潜血+2を下げる漢方ってありますか?

おはようございます。先日、ツイッターでフォロワーさんから質問がありまして、ちょうど東京にいる中医師のスー先生と連絡が取れましたので、教えてもらいました。

簡単ではありますがログさせていただきます。

 

とあるフォロワーさんより

「はじめまして!! すみません。。尿潜血+2を下げる漢方ってありますか?細胞診したりエコーしたけど原因不明なんです。。腎臓すらも数値は悪くなくてただただ最近尿潜血+2を元に戻したい。。。゚(゚´ω`゚)゚。」

 

尿潜血+2を下げる漢方ってありますか?

土屋がスー先生からお聞きしたことです。

「いま、東京にいる知り合いの中医師の先生にお聞きしてきました。

尿潜血になるときには2つのタイプがあるそうです。

1つは陰虚火旺タイプ ほてりがあるタイプです。

これには虚火を落として鎮めていく補腎薬+三年から七年栽培に時間がかかる薬用生薬

もうひとつは、気虚タイプ 心と消化器系を整えると健康になる漢方薬+三年から七年栽培に時間がかかる薬用生薬 だそうです。

参考にしてくださいね。」

 

とあるフォロワーさんからの回答

「ありがとうございます 大変参考になりました!

自分に合ったものを、近くの薬剤師さんに処方してもらいたいと思います!!」

 

ということでした。

以上です。少しでも困っているかたの参考になれば幸いです。

 

f:id:jdy00247:20181107093816j:plain

2018年月11月3日 若木山公園 こちらの銀杏の大木はまだ紅葉していないですね。これから秋が深まっていきます。

f:id:jdy00247:20181107094056j:plain

茱萸の紅い実です。こちらは六味地黄丸や八味地黄丸、杞菊地黄丸、牛車腎気丸、八仙丸などの補腎薬に含まれる紅い山茱萸の実です。漢方薬の材料になります。