土屋薬局のはてなブログ

土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医師の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。そのような自分たちの不妊体験も活かして誠実に相談に応対中です。土屋薬局は女性薬剤師もおりますので気軽にお越しください。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。

体外受精のPGTーA。分割が途中で止まって胚盤胞までいかないなどのお電話。

「お陰様で胚盤胞にいって、PGTーAもしました。40代だと厳しくて8割型はダメみたいですが、モザイクだったので可能性がまだあって廃棄にならずにすみました。確実に漢方の効果があると思います。胚盤胞まで育つようになったし、廃棄にもならなかったので、次の採卵も頑張りたいです」と昨日にお電話を頂戴しています。

 

先週の土曜日も九州のかたから、ご主人さまから奥様の代理での相談で4分割、8分割で分割が止まってしまうのですが、なにかよい漢方薬ありますか?と電話でのお問い合わせがありましたが、年代と体質と生理周期など、一人一人の個人差がありますので、一概にこうだ!これを飲みなさい!効きます!などといえないので、やんわりとお伝えしました。

 

ときどき、漢方薬局にあるあるですが、漢方処方だけを聞きたいという横着な図々しいご相談があるときがあります。。。

 

胚盤胞にいかないときの心理状態はプレッシャーなどあるし、夫婦でとてもつらいことですので解決策などを当店でも提案できるようによりしっかりとご相談、お話を聞かせていっていただきたいです。

 

子宝相談の月経周期療法などは、つまり

 

通常の漢方相談+月経周期に関すること、基礎体温表+舌ベロチェックなど総合的に考慮して、また今は月経周期のどの段階か、治療では採卵はいつですか?移植はいつですか?と体外受精のスケジュールにそって漢方処方も組み立てていけます。

 

お困りのかたはどうぞ土屋薬局まで「お気軽に」ご相談下さいね。

 

2022年6月21日 食卓にはさくらんぼがでてきます。我が家のお昼時の写真です。 食養生では梅雨に冷えやすい身体を温めて、風湿(ふつしつ)をとるとされていますので、湿度が高い季節のむくみや関節痛、筋肉痛にも、など言われています。 紅色は目に鮮やかで元気もらえますねー 蒸し暑いので無理と過労は避けて下さい