土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

奥入瀬(ブナの朽木)

P5290004

2005年5月29日の奥入瀬(おいらせ)を紹介します。

十和田湖の美しい湖面を眺めながら、新緑のドライブとなりました。

この時間帯は朝の6時台ですから団体の観光客もいませんので、静寂が周囲を包んでいます。

昨年の秋に青森の長兵衛旅館に宿泊して帰路につくときに、奥入瀬経由を選びましたが、午後から夕方にかけての時間帯でしたので、ものすごい人混みでげんなりした思い出があります。

奥入瀬渓流はもちろん素晴らしいのですが、大型観光バスやマイカーで道路まで溢れかえっているのは、ブナやミズナラたちも可愛そうになりますし、鄙びが好きな私にもその光景は好きではありませんでした。

奥入瀬は早起きするに限る」です。

私の他には、車が時おり数台停車するくらいで、空気がおいしいです。

くよくよしたとき、人生に迷っているときは、奥入瀬を歩くと気分がスーッと晴れるかもしれません。

P5290008

P5290010

銚子大滝です。

にわかアマチュアカメラマンでも、なんだかここではプロの撮影をしている気分になれるから不思議。

P5290020

一番上の画像でもそうですが、どうやら私は朽木(くちき)、倒木(とうぼく)に興味があるようです。

ブナの巨木が倒れているのを見つめていると、心が和んできます。

長い間、根を張って大地に踏ん張っていたんだな。

ブナの朽木からは、また他の植物たちが芽を出しています。

「生」と「死」の「輪廻」を感じるから、奥入瀬の朽木たちが好きなのかもしれません。

土屋薬局 中国漢方通信」でもコラムを作成しています。