親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

「漢方薬局で相談を受ける婦人病について」不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ

6月26日(日)に仙台で、東京医科歯科大学産婦人科の医師であり、婦人科医である講師の別府先生の特別講演「店頭で相談を受ける婦人病について」─不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ─を聞きにいきました。

通常、お医者さんは忙しいのでなかなか講演できないのですが、別府先生の忙しいスケジュールのなか、前日は当直明けのところを仙台にお越し頂いての勉強会でした。

南東北中医薬研究会といって、私たちは漢方を正しく使うために勉強している漢方薬局の会です。

宮城県福島県山形県南東北の3県が仲良く切磋琢磨して頑張っています。

不妊症周期療法を講演される別府先生

不妊症の講演のスライド

別府先生の講演は以前にも東京勉強会で出席していますので、今回もとても嬉しかったです。

久しぶりの講演でしたので、楽しみにしていたと同時に、失礼ながら以前の東京での「西洋医学的にみた不妊症概論」の焼き直しではないかと推測していたのですが、良い意味で期待を裏切られて素晴らしい勉強会になりました。

別府先生は、一番と最初に私のホームページ─土屋薬局 中国漢方通信─をご覧になって、私のところにメールを送ったことがきっかけで、日本中医薬研究会でも講演したり、漢方薬局で不妊症周期療法を実践指導されるなど、ご活躍されています。

別府先生の講演会の模様は、何回かに分けて紹介したいと思います。

一番と最初に結論を申しますと、婦人科医の別府先生もおっしゃるには、不妊症の漢方療法の周期療法は効くよ~」と力説していましたので、私もこれからももっと勉強して、土屋薬局のお客様のためにがんばろうと誓ったのでした。

ですから、当店のお客様たちも安心してください。

「土屋薬局の周期療法水準もレベルが高い」のです。(言い切ります)

西洋医学の女性のホルモンのスライド

そのような理由で、これから当店に不妊症で子宝の漢方相談していただくお客様には「できたら基礎体温表を見せてほしい」と思っている今日この頃です。

基礎体温表でも、高温期の様子などは黄体ホルモンなどの状況など相関してますので、参考になるんですよ」と別府先生もおっしゃっていましたので、まずは不妊症の漢方薬不妊症周期療法の基本は、基礎体温表をきれいにしていくことを目標にします。

また当然ですが、漢方ですから、全体療法になりますので、自覚症状の改善も大切です。

P6260270

P6260292

最後に、6月に万座温泉に行ったときの模様でお別れしましょう。

万座のS字型の道路

憧れの万座温泉の豊国館に宿泊して、帰路につきます。

万座は山全体の空気がすがすがしくて、「心と体の洗濯」になりました。

豊国館の露天風呂

豊国館の露天風呂です。

みんなゴロゴロ。

高原の風が駆け抜けます。