はてなブログ土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの不妊体験も活かして誠実に漢方相談に応対中です。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。遠方のかたにはオンラインのメール相談で漢方相談表と子宝相談表を用意させていただきました。

温身平(ぬくみだいら)

Imgp0157iide

<2006年6月25日撮影 飯豊連邦 「温身平(ぬくみだいら)」>

昨日に山形県の小国(おぐに)のほうから、

飯豊山(いいでさん)に行きました。

温泉も経由しながらですが、

途中少し山も登りまして、

「温身平(ぬくみだいら)」というブナ林にも行ってきました。

飯豊連邦の烏帽子岳(からすぼうしだけ)が残雪を抱きながら、

空に美しく輝いています。

ブナ林では、風や虫の音、

また6月の新緑のシャワーで、

心も体も爽快に洗われるようでした。

こうして人は、地上の喧騒を離れ、

安らぎを目指して山に来るのかと

思いました。

機会がありましたら、また訪れてみたいです。

今日から月曜日、また仕事の始まりですね。

どうぞ元気でお仕事や生活をしてください。

西日本では雨も続いているようです。

どうぞご自愛くださいませ。

上記の文章は、今日一日のメールの締め言葉です。

「画像を載せるとこうなる」ということで、

気軽にこのコラムを作っています。

そういえば、昔、私は日本中医薬研究会で、

高度情報委員会というホームページを作成する部門にいました。

そのときに、全然パソコンが分かりませんでしたので、

自分でも勉強してみようとのことで、

ホームページビルダーを購入して、

ホームページを自力で立ち上げました。

ですから、今でも自分がその環境にいたことに感謝しています。

(たとえば、「PCって何のことですか?」と

質問していて、会議の戦力にならなかったのです)

さて、その高度情報委員会には、

私と同じ出身大学の星薬科大学のOBの先生がいました。

顔は殿下に似ていまして、

趣味も「山歩き」でした。

ハンドルネームは、「山が好き」(笑)。

その先生は、お子様がめでたくお生まれになった後に、

経営されていたY市の薬局を他の人に譲り、

故郷のN県へ引越ししてしまいました。

今は漢方の仕事ではなくて、

普通の調剤薬局で勤務だと思います(多分)。

何かの会議でたまたま一緒の場にいたのですが、

最後に「山が好き」先生が私のところにやって来て、

握手をしてくれて「しばらくは漢方を離れて実家に帰る」ということを

握手しながら話してくれたことは今でも覚えています。

ときどき、何をしているかな、また会いたいなと思います。

「山が好きな話」でした。

Imgp0163iide

Imgp0160iidesan

この山は、「烏帽子岳(からすぼうしだけ)」

ああ、山が私を呼んでいます。

この山の向こうには、新潟県新発田(しばた)や

福島県の喜多方(きたかた)地方です。

Imgp0168iidesan

人は下界の騒音を離れ、山を目指して癒されるのです。