土屋薬局ブログ|子宝相談、痛みしびれ、気になる不調

土屋薬局ブログ。薬剤師・不妊カウンセラーの土屋幸太郎がお届けします。私自身、不妊体験を経て、漢方療法の力で子供に恵まれました。その経験を活かし、皆さんに健康で幸せな家庭を築くお手伝いをしたいと思っています。薬局には女性薬剤師も在籍し、気軽にご相談いただけます。健康に関するお悩み、不妊治療、妊活相談、痛みやしびれに関する漢方相談など、お気軽にご連絡ください。お問い合わせやご予約は☎️ 0237470033までお願いします。一緒に幸せな未来を築きましょう。

不妊症の漢方相談で。基礎体温「高め」、月経周期「短め」

ふだんから店頭での不妊症漢方相談に多い内容です。

30代後半とか40代、また早い方ですと30代前後からその傾向が見られます。

月経周期の傾向は

1)基礎体温は低温期のみならず全般的に上がってきます。

2)生理の周期、月経周期が28日よりだんだんと短くなってきて、23日とか24~26日周期になってきます

気血(きけつ)や腎精(じんせい)が不足傾向の「虚証」であっても生理の周期が短くなってきますし、または「

熱」の傾向があれば短くなってきます。

基礎体温が高めなのは、「実熱(じつねつ)」か「虚熱(きょねつ)」のどちらかです。

通常一般的には「実熱」よりも臨床状は「虚熱(きょねつ)」のほうがタイプ的に多いでしょう。

虚熱とは、体の潤いが足りなくなってきてお肌の乾燥気味や抜け毛、ぱさつき、ドライアイ、眼精疲労、耳鳴り、のぼせ、ほてり、寝汗、口渇などが目だってきます。

肥満、痩せですと、どちらかと言えば「痩せ」の方に多く見受けられます。

もっと状態が変わってくれば基礎体温では「低温期が36・5度」、「高温期が37度前後」という方もいらっしゃいます。

さて、今回普段から子宝の不認証の漢方相談しているお客様でしたので、今までの養血調経や補気の方法に「補陰(ほいん)して虚熱(きょねつ)を冷ましつつ生理の周期を改善させ同時に基礎体温高めに対応する」漢方をお勧めさせて頂きました。

体質が合えばあれもこれも、どれもこれもと飲む必要はなくなってきて「要(かなめ)」の漢方だけでシンプルに調整することも可能です。

いきなり体を冷やすのではなくて、補いながら潤いを与え瑞々しくもっていって基礎体温の改善や生理の改善を目標にします。

小国 「栗の木」

<2010年7月4日 小国 「栗の木」>

山全体が栗の香り。

飯豊 広河原温泉に行く途中の名もない滝

飯豊 広河原温泉に行く途中の名もない滝

ひんやり冷たくて美味しかったです。

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。

毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!

ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  

サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市神町の土屋薬局